ファンデーションでお肌が乾燥する。原因と対策方法・化粧品の選び方を紹介

ファンデーションでお肌が乾燥する。原因と対策方法・化粧品の選び方を紹介

BEAUTY

Jan 06, 2021

ファンデーションを塗るとスジになったりムラができたりして、肌のカサつきや粉ふきがいつもより目立っていませんか。これは、肌の乾燥やファンデーションが合っていないのが原因かもしれません。この記事では、ファンデーションを塗ると肌の乾燥が目立つ原因と、その対策を紹介します。

目次

  1. ファンデーションを塗ると乾燥が目立つ原因とは
    1. 肌自体が乾燥している
    2. ファンデーションが肌の状態に合ってない
  2. 肌の乾燥が目立ちにくいファンデーション選びのコツ
    1. ファンデーションの種類は仕上がりの好みで選ぶ
    2. 保湿成分を含んだものを選ぶ
    3. 肌の色と合い、顔色をきれいに見せてくれるものを選ぶ
    4. 紫外線カット効果のあるものを選ぶ
  3. 肌の乾燥を目立たせないファンデーションの塗り方
    1. 1.乾燥する部分をしっかりと保湿
    2. 2.保湿力の高い化粧下地を使う
    3. 3.肌あたりのやさしいスポンジ・パフを使う
    4. 4.こすらずに、やさしく塗る
    5. 5.厚塗りは避ける
  4. 乾燥でファンデーションが崩れた時に化粧直しする方法
    1. 乳液を使って崩れた部分をオフ
    2. パウダーファンデーションをやさしく塗る
  5. 乾燥を防いでツヤ肌に見せる。メゾンレクシアのファンデーション
    1. メゾンレクシア エッセンス ファンデーション リキッド
    2. メゾンレクシア エッセンス ファンデーション パウダリー
  6. 自分に合ったファンデーションで乾燥を防いで美しく

ファンデーションを塗ると乾燥が目立つ原因とは

素肌よりもファンデーションを塗った時の方が乾燥して見えるなら、肌自体が乾燥しているか、ファンデーションが合っていないと考えられます。それぞれ詳しくみていきましょう。

肌自体が乾燥している

通常、肌の角質層にある皮脂膜・NMF(天然保湿因子)・セラミドといったうるおい成分が、水分の蒸発を防ぎ、外部の刺激から肌を守っています。この仕組みを肌のバリア機能とよびます。
バリア機能が低下すると、肌はうるおいを保てなくなって乾燥が進むので、粉をふいたりカサカサしたりしてしまうのです。

肌のバリア機能を低下させる原因にはさまざまなものがありますが、年齢による皮脂量の低下や、空気の乾燥、紫外線などもその1つ。
肌の乾燥を防ぐためには、日々のスキンケアでしっかりと保湿すること、そしてベースメイクで乾燥や紫外線から肌を守ることが大切です。

ファンデーションが肌の状態に合ってない

メイクをした時の方がカサつきや粉ふきが目立つなら、ファンデーションが肌の状態に合っていないのかもしれません。乾燥が気になる肌には、保湿成分を含んだ、しっとりした質感のファンデーションが適しています。
マットな質感のファンデーションは、時間が経つにつれシワが目立ったり、カサカサして見えたりしがちなので、乾燥が気になる時は避けた方が良いでしょう。

乾燥肌におすすめなのはツヤが出るタイプのファンデーションです。肌自体をつややかにみずみずしく見せられるため、乾燥が目立ちにくくなります。

肌の乾燥が目立ちにくいファンデーション選びのコツ

ファンデーションにはメイクアップ効果だけでなく、紫外線や乾燥、ちりなどの刺激から肌を守る効果があります。そのため、ファンデーション選びはとても大切。ここでは乾燥が目立ちにくいファンデーション選びのコツを紹介します。

ファンデーションの種類は仕上がりの好みで選ぶ

一般的には、リキッドタイプのファンデーションの方がパウダータイプよりも保湿力が高いといわれていますが、「パウダータイプが乾燥肌に向かない」というわけではありません。パウダータイプの中には保湿成分を配合したファンデーションもあるため、基本的には仕上がりの好みで選びましょう。
アイテムにもよりますが、パウダータイプは程良いカバー力があってナチュラルに仕上がるものが多く、リキッドタイプはツヤ感があってしっとり仕上がるものが多いです。

保湿成分を含んだものを選ぶ

乾燥が気になるなら、保湿成分やエモリエント成分を配合したファンデーションがおすすめです。
保湿成分は肌の水分を補ったり、水分が蒸発するのを防いだりするための成分です。一方エモリエント成分は、水分蒸散を防いでうるおいを保ち、肌をやわらかくするために配合されます。
購入前にパッケージや商品説明を読んで確認すると良いでしょう。

肌の色と合い、顔色をきれいに見せてくれるものを選ぶ

ファンデーションと肌の色が合っていないと、顔色がくすんで見えがちです。ファンデーションの色は、手の甲ではなくフェイスラインでチェックし、顔の色にマッチしたファンデーションを選びましょう。
色を試す時は、頬の下から首に向かって、顔と首の境目にファンデーションをのばします。耳側から明るい順に並べて塗り、1番肌になじむ色を選ぶのがおすすめです。

紫外線カット効果のあるものを選ぶ

紫外線は肌の乾燥を招くので、ファンデーションは紫外線カット効果のあるものを選びましょう。
紫外線カット効果の指標であるSPF/PAの数値は、生活習慣を基準に選んでください。
普段室内で過ごすことが多いなら、紫外線カット効果はそれほど高くなくても良いでしょう。

肌の乾燥を目立たせないファンデーションの塗り方

ここでは、肌の乾燥を目立たせないファンデーションの塗り方を紹介します。5つのポイントを押さえて美しく仕上げましょう。

1.乾燥する部分をしっかりと保湿

まずは、化粧水と乳液、クリームなどでしっかりと保湿します。顔全体の乾燥が気になる場合は、シートマスクを使ったり、普段使っている化粧水でコットンパックしたりするのもおすすめです。

部分的に乾燥するなら、仕上げにクリームを重ね塗りしてください。乾燥してカサカサの肌にそのままファンデーションを塗ると、毛羽立っているように見えて乾燥肌が目立ちます。クリームでカサカサを落ち着かせてからメイクしましょう。

2.保湿力の高い化粧下地を使う

乾燥が気になる人は、保湿成分を配合した化粧下地を選びましょう。
化粧下地を塗る時は、まず適量手に取り、額、鼻、両頬、あごの5ヵ所に置きます。顔の内側から外側に向かってやさしく広げ、フェイスラインや目元、小鼻周りなどすみずみまでなじませてください。小鼻周り、あご先などはよれやすいため、つけすぎには注意が必要です。

3.肌あたりのやさしいスポンジ・パフを使う

スポンジやパフと肌の間に摩擦が起こると、肌に刺激を与えてしまうため、肌あたりのやさしいものを選びましょう。
またスポンジやパフが汚れたままだと、雑菌が繁殖し肌に悪影響を与えることがあります。スポンジやパフはこまめに洗うか、予備を用意しておくことをおすすめします。

4.こすらずに、やさしく塗る

ファンデーションを塗る時に、たたき込むようにしたり、こすったりすると肌に刺激を与えてしまいます。
リキッドファンデーションは指を使って塗り、仕上げにだけスポンジを使う方法がおすすめです。小鼻や目元など細かい部分をスポンジでそっと押さえておくと、メイクがよれにくく、崩れにくくなります。

パウダーファンデーションの場合は、スポンジを肌に置くようにやさしくつけましょう。
スポンジではなくパフを使うのも良い方法です。パフで軽く押さえるようにつけると、肌に負担をかけにくい上、広い範囲を1度で仕上げられます。

5.厚塗りは避ける

よく動く目元や口元などは、ファンデーションを厚塗りすると崩れやすいため、薄めに仕上げましょう。化粧崩れを起こすとシワにファンデーションが入り込み、目立ちやすくなります。

乾燥でファンデーションが崩れた時に化粧直しする方法

ここでは、乾燥によってファンデーションが崩れてしまった時の化粧直しについて紹介します。水分と油分を補った後、ファンデーションをやさしく塗るのがポイントです。

乳液を使って崩れた部分をオフ

乳液は水分と油分をバランス良く含むため、乾燥した肌のメイク直しにぴったりです。
まずは、化粧崩れを起こしている部分に乳液をなじませ、ティッシュなどでそっと押さえます。次に同じ所に乳液を重ねて塗り、ハンドプレスしておきましょう。

パウダーファンデーションをやさしく塗る

乳液がなじんだら、パウダーファンデーションをやさしく塗りましょう。
ファンデーションは薄く仕上げるのがポイント。スポンジに取ったものをそのままつけるのではなく、手の甲を使って余分な粉を落とし、ポンポンとやさしく押さえてください。

乾燥を防いでツヤ肌に見せる。メゾンレクシアのファンデーション

ファンデーションは乾燥を防ぎながらツヤ肌に見せるものを選びたいところ。ここでは、メゾンレクシアのおすすめファンデーションを紹介します。

メゾンレクシア エッセンス ファンデーション リキッド

カバー力がありながら、つややかな肌を演出するリキッドファンデーションです。保湿成分のヒマワリエキス、エモリエント成分のトウヒエキスを配合し、肌にうるおいを与えます。

メゾンレクシア エッセンス ファンデーション パウダリー

軽やかなつけ心地でありながら、肌への密着感を追求したパウダーファンデーション。ソフトフォーカス効果で気になるシワや毛穴を隠します。また、アロエベラ葉エキスとヤシ油からできたワックスが肌の上で溶け、美しいツヤをプラスします。

自分に合ったファンデーションで乾燥を防いで美しく

乾燥が気になるときに、スキンケアでの保湿と同じくらい大切なのがファンデーション選びです。自分の肌に合い、乾燥をカバーしながら美しく見せるファンデーションを選びましょう。