毛穴レスな肌へと導く。化粧水を使ったケア方法

毛穴レスな肌へと導く。化粧水を使ったケア方法

BEAUTY

May 02, 2020

ポツポツと浮かび上がる毛穴を見ると、一日中ブルーな気分になってしまいますよね。毛穴の悩みから解放されるには、毎日のスキンケアが何より大切。そして、毛穴レスな肌へと導くカギは化粧水にあるとわれています。この記事では、毛穴が開いてしまう原因やおすすめのケア方法、毛穴の悩み改善をサポートする化粧水を紹介します。

目次

  1. 毛穴が開いてしまう原因
    1. 皮脂の分泌が多い
    2. 肌のターンオーバーの乱れ
    3. エイジングによるたるみ
  2. 毛穴トラブルを改善する化粧水を使ったケア
    1. 化粧水前のクレンジングや洗顔も大切
    2. 化粧水は手でつけるのがおすすめ
    3. 保湿力の高い化粧水をセレクト
    4. 週末にはスペシャルケアも実践
  3. 大人の毛穴ケアにおすすめの化粧水
    1. オラクル クラリファイング トナー
    2. アルケミー プライマリー ローション
  4. 化粧水を使ったケアで毛穴レス肌を目指そう

毛穴が開いてしまう原因

家で鏡を見る若い女性

顔にある毛穴の数は約20万個。この数は生まれたときから変化することなく、男性か女性か、顔の大小にかかわらずほぼ同じであるとされています。誰もが同じ数の毛穴を持っているのに、どうして人によって毛穴の目立ち方に差が出てしまうのでしょうか。まずは、毛穴が開いてしまう原因についてお伝えします。

皮脂の分泌が多い

毛穴が開く原因としてよくいわれているのが、皮脂の過剰分泌です。毛穴の奥には皮脂を分泌する皮脂線があります。20~30代をピークに皮脂の分泌は活発化し、その後は少しずつ落ち着いていくのが一般的。ただし、ストレスや睡眠不足、ホルモンバランスの乱れなどによって年齢にかかわらず、皮脂の分泌が活発化してしまうこともあります。

過剰に分泌された皮脂と汚れが混ざり合って毛穴に詰まった状態がいわゆる角栓。角栓ができると毛穴が開かれた状態になります。そして、その状態のまま放っておくとやがて空気中の酸素と結びついて、黒ずんだ角栓へと変化してしまいます。

肌のターンオーバーの乱れ

皮脂に悩まされた経験が少なく、どちらかといえば乾燥肌なのに毛穴の詰まりが気になるという方もいるのでは。この場合、肌のターンオーバーの乱れによって、毛穴が開いてしまっている可能性があります。毛穴から出る皮脂や汗は肌の表面を保護する役割を持っています。つまり、肌を適度な皮脂や汗で覆うことによって、乾燥や異物の侵入を防いでいるのです。

しかし、何らかの原因によって自律神経が乱れると、肌のターンオーバーが正常に作用しなくなることも。すると、本来排出されるべき皮脂や汗が毛穴の奥で詰まり、毛穴を開かせてしまいます。他にも、クレンジングや洗顔が不十分で毛穴にメイクや汚れが残っている場合も、ターンオーバーの乱れにつながりやすいといわれています。

エイジングによるたるみ

肌に触れ悩む女性

年齢を重ねると、肌の奥の真皮にあるコラーゲンやエラスチンといった成分が次第に減少していきます。こういった成分は肌の弾力やハリのもと。そのため、エイジングが進むと肌は少しずつたるんでいきます。こうしたたるみ肌にできるのが涙型の毛穴で、丸い毛穴が引っ張られた結果できたものです。

コラーゲンやエラスチンといった成分の減少は加齢だけが原因ではありません。紫外線やたばこによる肌の血行不良によっても減少しやすいともいわれています。そのため、たるみ毛穴にはエイジングケアやUVカット、禁煙などの対策も重要です。

毛穴トラブルを改善する化粧水を使ったケア

洗面所に置かれた化粧水

ターンオーバーの乱れやエイジングなどによる大人肌の毛穴トラブルは、解決するのが難しく感じられるかもしれません。しかし、毛穴トラブルは朝晩の化粧水を使ったケアで改善できるといわれています。ここでは、どんな化粧水ケアが毛穴トラブルの改善に繋がるのかみていきましょう。

化粧水前のクレンジングや洗顔も大切

化粧水は肌の内部にしっかりと浸透させることで効果を発揮します。そのために大切なのが、朝の洗顔や夜のクレンジング・洗顔です。皮脂汚れやメイク、古い角質など、毛穴の詰まりをしっかりと取り除くよう心がけましょう。

特に気を付けたいのがクレンジング。ファンデーションをはじめとするメイクアイテムには油分が含まれていることも少なくありません。メイクが肌に残っていると油分が化粧水をはじいてしまい、化粧水の成分が浸透しにくくなることがあります。

化粧水は手でつけるのがおすすめ

手に化粧水を取る

化粧水は手で優しくつけるのがおすすめです。手の温もりが化粧水を浸透しやすくするうえ、顔の細かい凹凸にもなめらかにフィットさせることが可能。また肌を傷つけにくく、肌のコンディションをダイレクトに確認できるといったメリットもあります。

また、化粧水を浸透させた後のスキンケアも大切です。化粧水はその名のとおり、水分が主成分なので、放っておくと蒸発してしまう可能性があります。せっかく肌に浸透させた化粧水を逃してしまうのはもったいないこと。化粧水が乾ききる前に乳液や美容液を塗り、クリームで蓋をしましょう。

保湿力の高い化粧水をセレクト

毛穴の目立つ肌は乾燥やエイジングの影響を受けて、柔軟性を失っていることが多いといわれています。そのため化粧水は、肌にしっかりと潤いを与えてくれる保湿力の高いものを選ぶのがポイントです。保湿力のある化粧水を使い続けると、毛穴とその周辺の肌にみずみずしさが戻ります。すると、肌がふっくらと柔らかくなり、自然と毛穴が目立たなくなっていきます。

さらに、肌が潤いに満たされるとバリア機能も回復し、肌がより健康に。肌の健康は正常なターンオーバーにも繋がり、毛穴が目立ちにくい肌へと近づきます。その他、保湿力に加え、エイジングケアができる化粧水を使うのもおすすめ。年齢とともに失われるハリを補う成分が配合されているものであれば、大人の毛穴ケアに最適です。

週末にはスペシャルケアも実践

化粧水の保湿成分を肌に浸透させるために、スペシャルケアをプラスするのもおすすめです。家事や仕事に忙しいという方は、時間に余裕のある週末にじっくりとケアしてみましょう。手軽にできるのがホットケア。肌を温めて血行を促進することで、化粧水が浸透しやすくなります。

ホットケアのポイントは、顔だけではなく首元や耳など、顔の血流やリンパの流れをつかさどる部位まで温めること。スチーマーや美顔器がない場合は、蒸しタオルを顔や首元にのせて温めましょう。他にも、お湯をはった洗面器に顔をあてるなどの方法もあります。

大人の毛穴ケアにおすすめの化粧水

どんなタイプの毛穴悩みであっても、大人の毛穴ケアにはまず、高保湿の化粧水を使うようにしましょう。保湿力の高い化粧水を使えば、エイジングや乾燥によって「これからできる毛穴トラブル」までケアすることができ、毛穴レスな肌へ近づきます。ここでは、メゾンレクシアから、肌をしっかり保湿して毛穴トラブルの改善に役立つ化粧水2本を紹介。化粧水選びに悩んでいる方は、ぜひ試してみてください。

オラクル クラリファイング トナー

クラリファイング トナー

150mL 4,500円+税

肌に潤いとハリを与えるダマスクバラ花水、キメを整えて肌を健やかに保つビワ葉エキス、肌を引き締めるハマメリス水など、植物成分を贅沢に配合した「オラクル クラリファイング トナー」。とろみのあるテクスチャーが肌にしっかり浸透し、しっとりと柔らかい肌へと導きます。みずみずしく華やかなローズの香りに包まれた、至福のスキンケアタイムを体感してください。

アルケミー プライマリー ローション

プライマリー ローション

140mL 3,800円+税

アルケミーシリーズに配合されている酵母発酵エキスVEGAL®※。有機植物と酵母発酵の力を掛け合わせた植物由来のこの成分をたっぷりと配合したのが「アルケミー プライマリー ローション」です。高い保湿力で、肌が潤いを抱え込むのをサポート。ふっくらとした潤い豊かな肌へと導いてくれるので、プレエイジングケアをはじめたい方にもおすすめです。ローズとゼラニウムを基調とした香りで、スキンケアのたびにリラックスできるはず。

※整肌保湿成分

化粧水を使ったケアで毛穴レス肌を目指そう

頬に手をあて微笑む女性

スキンケアの基本である化粧水を見直すことが、毛穴レス肌への第一歩。高い保湿力を実感できる化粧水ならば、どんなタイプの毛穴ケアにも役立ちます。ただ、上質な化粧水で丁寧にお手入れしたとしても、生活習慣や食生活の乱れによって毛穴のコンディションが下がってしまうこともあります。自分に合った化粧水でケアすることに加え、ライフスタイルも改善し、健やかな毛穴レス肌を手に入れましょう。