【ヘアオイル使いが苦手なあなたへ】正しい使い方・おすすめ商品を紹介

【ヘアオイル使いが苦手なあなたへ】正しい使い方・おすすめ商品を紹介

BEAUTY

Aug 27, 2021

ワックスやクリームなど、さまざまな種類があるスタイリング剤。なかでも今回ピックアップするのは、ケアとスタイリングが同時に叶うヘアオイルです。ヘアオイルは気になるけれど、使い方が良く分からないという女性もいるでしょう。この記事ではヘアオイルを正しく使う方法と選び方、おすすめのヘアオイルについて紹介します。

目次

  1. ヘアオイルの効果と使うタイミング
    1. ヘアオイルの効果
    2. ヘアオイルを使うタイミングと適切な量
  2. 【基本&時間帯別】ヘアオイルの正しい使い方
    1. ヘアオイルの使い方~基本編~
    2. ヘアオイルの使い方~朝編~
    3. ヘアオイルの使い方~夜編~
  3. 髪質に適したヘアオイルの選び方
    1. やわらかい髪の人はさらさらタイプを選ぶ
    2. 硬い髪の人はしっとりタイプを選ぶ
  4. 髪に自然なツヤを与えるおすすめヘアオイル
    1. メゾンレクシア ヘアオイル グリーンレメディ
  5. ヘアオイルの使い方は簡単!毎日のケアに役立てて

ヘアオイルの効果と使うタイミング

ダメージのケアやスタイリングをしながら、髪にうるおいやツヤを与えてくれるヘアオイル。まずは、ヘアオイルを使うことで期待できる効果や正しい使用のタイミング、適切な量などについて解説します。

ヘアオイルの効果

ヘアオイルは、髪にさまざまな良い効果を与えてくれるアイテムです。髪にツヤを与えたり、まとまりやすくしてくれたり、髪をコーティングして乾燥から守ったり、摩擦や静電気によるダメージを防いでくれたりなど、たくさんの効果が期待できます。既に傷んでしまっている髪のケアにも最適。さらに、セットの時に使用すればスタイリング剤としても使えます。

ヘアオイルを使うタイミングと適切な量

熱や乾燥から髪を守る効果があるヘアオイルは、ドライヤーやコテの前に使うのが一番おすすめです。しっかり適量を守って使うようにしましょう。

すべての商品に共通するわけではありませんが、使用するヘアオイルの量の目安はショート~ボブヘアで1~2滴、ミディアムヘアで2~3滴、ロングヘアで3~4滴程度です。ヘアオイルのパッケージに書かれている目安量を確認して、適切な量を使用してください。たっぷり付けすぎるとベタつきの原因になります。

また、ヘアオイルはワックスやヘアミルクなど、他のスタイリング剤と混ぜて使っても大丈夫です。

【基本&時間帯別】ヘアオイルの正しい使い方

ヘアオイルは、朝も夜も使える便利なアイテムです。ただし、使い方を誤るとべたつきやダメージの原因になってしまうことも。そこで、ここではヘアオイルの基本的な使い方とともに、おすすめの使い方を朝と夜の時間帯に分けて紹介します。

ヘアオイルの使い方~基本編~

ヘアオイルは状況に応じてさまざまな使い方ができます。ヘアオイルを効果的に使用するために、最初に基本の使い方を押さえておきましょう。

【手順】

  1. お風呂上りなど髪が濡れている場合は、水滴が落ちない程度になるまでしっかりタオルドライする。
  2. 適量のオイルを出し、手のひらに伸ばす。髪の毛先を手で包み込むように掴んで、下に向かい手ぐしを通す。特にダメージが気になるところは、ギュッと握るようにオイルを揉みこむと良い。
  3. 根元部分を避けて、手に残ったオイルをトップから手ぐしを通すように髪に付ける。
  4. 最後にドライヤーでしっかり乾かす。

ヘアオイルの使い方~朝編~

朝はヘアオイルをセット時に使って、ダメージのケアとツヤのある髪作りに役立てましょう。朝、髪をブラッシングする時に毛先を中心にヘアオイルを付けてからブラッシングすると、摩擦によるダメージが軽減されて、切れ毛や枝毛を予防できます。

アイロンやコテの前に使えば、高温による髪の乾燥を防いでくれます。さらにスタイリングに使えば、トレンドのウェットヘアやまとめ髪アレンジも可能です。

ヘアオイルの使い方~夜編~

夜は、髪のダメージをケアするためにヘアオイルを使用しましょう。シャンプーの前に軽くヘアオイルを揉みこんでおけば、シャンプー時の摩擦による髪のダメージを軽減できます。時間がある夜は、ヘアオイルを使って髪をパックしてスペシャルケアをしてみても良いですね。

植物性のアルガンオイルを選べば、ヘアケアと同時に頭皮マッサージもできます。頭皮マッサージは、髪や頭皮の保湿効果や、抜け毛・薄毛対策にも役立ちます。アルガンオイルを使った頭皮マッサージの方法は、こちらの記事で紹介しています。

髪質に適したヘアオイルの選び方

ヘアオイルを選ぶ時は、自分の髪質を考慮することが重要です。ヘアオイルは使用している原料やテクスチャーなど種類が豊富で、これらを比較しながらそれぞれの髪質に合うアイテムを選びます。ここでは、髪質別にヘアオイルの選び方を解説します。

やわらかい髪の人はさらさらタイプを選ぶ

髪が細くてやわらかく、ボリュームのない、いわゆる猫っ毛タイプの人はテクスチャーのさらさらとしたオイルがおすすめです。重めのオイルは、髪がぺたっとつぶれやすいため避けてください。アルガンオイルのような植物オイルのみでできているものなら髪になじみやすく、軽い質感に仕上がるため使いやすいでしょう。

硬い髪の人はしっとりタイプを選ぶ

髪が太い、硬い、広がりやすいタイプの人は、しっとりした重めのテクスチャーのヘアオイルを選びましょう。さらに髪のダメージが強くパサつきが気になるなら、ケラチンを配合しているオイルを選んでみてください。ごわつきが解消できるかもしれません。

髪に自然なツヤを与えるおすすめヘアオイル

植物の持つ力を活かしたコスメやボディケアアイテムが人気の国産コスメブランド、メゾンレクシアでは、ヘアオイルの取扱いもあります。ここでは、毎日のヘアケアに取り入れたい、メゾンレクシアで人気のヘアオイルを紹介します。

メゾンレクシア ヘアオイル グリーンレメディ

30mL 3,850円(税込)

髪にツヤを与え、なめらかな手触りを実現するアルガニアスピノサ核油や、髪のうるおいを保つユズ種子油など、濃密な植物成分を配合したヘアオイルです。さらりとしたテクスチャーでべたつきが少なく、軽い仕上がりが叶います。

シトラスにマジョラムやベチバーをブレンドしたスパイシーで温かみのある香りで、癒されながら髪のトリートメントが可能です。ブラッシングによる摩擦やドライヤーの熱ダメージから髪を守ってくれ、毛先までまとまる美しいツヤ髪に導いてくれます。

ヘアオイルの使い方は簡単!毎日のケアに役立てて

毎日のヘアケアやスタイリングに使えるヘアオイル。自分に合ったヘアオイルを購入したら、さっそく正しい使い方でケアしましょう。ヘアオイルを使って、ツヤツヤでまとまりのある美しい髪を目指してくださいね。