化粧水と乳液はセット使いがおすすめ。その理由やケアのコツとは?

化粧水と乳液はセット使いがおすすめ。その理由やケアのコツとは?

BEAUTY

May 21, 2020

化粧水と乳液はスキンケアの基本です。化粧品メーカーのほとんどが展開していることからも、その重要性がわかるでしょう。同じラインで展開されていることが多いこの2つは、セットで使うことによりどのようなメリットがあるのでしょうか。この記事では、セット使いがおすすめの理由をスキンケアのコツとあわせて解説します。

目次

  1. 化粧水と乳液の役割とスキンケアのコツ
    1. 化粧水で肌に水分補給
    2. 乳液で潤いを閉じ込めてキープ
    3. 化粧水と乳液を使ったスキンケアのコツ
  2. 化粧水と乳液のセット使いをおすすめする理由とは?
    1. 基礎化粧品はライン使いを前提に作られている
    2. 基礎化粧品にもバランスがある
    3. 別メーカーのアイテムをプラスするならクリームや美容液を
  3. 毎日のお手入れに。メゾンレクシアのスキンケアライン
    1. 植物エキスが肌本来の力を引き出す「オラクル」
    2. 季節の変わり目や年齢などで揺らぎやすい肌を潤いで満たす「アルケミー」
    3. 肌へのごほうびにプラスワン「メゾンレクシア インフューズド オイル」
  4. より輝く肌へ。化粧水と乳液はセット使いがおすすめ

化粧水と乳液の役割とスキンケアのコツ

頬にてを当て微笑む女性

まずは化粧水と乳液の役割とスキンケアのコツをおさらいしておきましょう。毎日のことだからこそ、しっかりと押さえておきたいですね。

化粧水で肌に水分補給

化粧水の主な役割は水分補給です。クレンジングや洗顔で肌の汚れを落とす際に、同時に水分も奪われるため、補う必要があります。また、肌が乾燥したまま放っておくと、角質層が硬くなって、乳液や美容液の成分が入りづらくなってしまいます。化粧水で肌に水分を与えて柔らかくすることで、その後に使うスキンケアアイテムや、化粧水そのものに含まれている美容成分が肌に浸透しやすくなります。

乳液で潤いを閉じ込めてキープ

乳液には化粧水で補った水分をキープする働きがあります。適度な油分を持つ一方、水分も多いため、肌に素早くなじんで潤いを閉じ込めます。ベタつきを避けるために乳液を省略する人もいますが、これはおすすめできません。化粧水が蒸発してしまうだけではなく、肌にもともとあった水分も一緒に奪われてしまいます。ベタつきが気になる場合はさっぱりタイプの乳液を選ぶなど、肌質に合ったものを使うようにしましょう。

化粧水と乳液を使ったスキンケアのコツ

洗顔後、適量の化粧水を手のひらかコットンに取り、水分を肌に移すような気持ちで優しくなじませます。
コットンの場合、化粧水は裏側に染み通るくらいを目安に使用し、丁寧に肌へと浸透させます。しっかり成分を入れ込もうと力強くこすったり、コットンでパンパンと肌を叩き込む必要はありません。
手のひらでつける場合は、化粧水を広げた両手で、顔を包み込むようにつけていきます。特に乾燥が気になる口元や目元などは重ねづけし、最後にハンドプレスを加えるのがおすすめです。

乳液は化粧水がなじみ、手のひらが吸いつくぐらい肌がしっとりしてからつけましょう。手のひらかコットンに適量を取り、顔の広い部分から広げていきます。化粧水と同様、乾燥が気になる部分には重ねづけを忘れずに。反対に、鼻や額など脂っぽくなりやすい部分は、最後に薄めにつけるとよいでしょう。

化粧水も乳液も、量が少ないと十分な効果が得られなくなります。また、少ない量を無理にのばそうとすると、肌にダメージを与えてしまうことも。化粧水や乳液の注意書きに書かれた適量を必ず守ってスキンケアをおこないましょう。

化粧水と乳液のセット使いをおすすめする理由とは?

植物とスキンケアアイテムのボトル

化粧水や乳液は多くの化粧品メーカーから発売されています。使用感や香り、配合成分など、自分の好みに合わせて自由に組み合わせられるほどその種類は豊富。しかし、各メーカーでは、化粧水や乳液をライン展開していることがほとんどです。なぜセットで使うことが推奨されているのか、その理由やメリットをみていきましょう。

基礎化粧品はライン使いを前提に作られている

化粧水や乳液をはじめとする基礎化粧品は、ライン使いすることを前提に作られています。組み合わせによって配合成分を調整し、高い効果が得られるようになっているのです。

ただ、ライン使いすることが基本と知ってはいても「乳液は肌に合っているけれど、化粧水に潤いが足りない」「化粧水の使い心地は気に入っているけれど、乳液がベタつく」など、ラインナップ中のアイテムの一つが合わないこともあるでしょう。そんな時は、そのアイテムだけ別のものに変えるのもひとつの手です。ある場合に限りますが、まずは、同じメーカーの別ラインから試してみてはいかがでしょうか。

基礎化粧品にもバランスがある

基礎化粧品の組み合わせにもバランスがあります。肌の水分や油分、PHなどはライン使いすることで最適になるように計算されています。また、アイテムごとの美容成分が少なく感じても、ライン使いすることで効果が高まるよう配合されています。もし、別メーカーや別ラインのものを組み合わせるとなると、そうしたバランスを自分で考え、調整しなくてはなりません。

別メーカーのアイテムをプラスするならクリームや美容液を

普段のスキンケアラインに別メーカーのものをプラスするならば、クリームや美容液など、スペシャルケア用のアイテムがおすすめです。気になる美容成分が配合されているものや、良い香りでリラックスできるものを週末の贅沢なケアタイムとして加えてみましょう。

基本的には注意書き通りに使用しますが、どのタイミングで使うのかわからない場合は、油分の少ないものから順につけていきます。例えば、こっくりとしたクリームであればお手入れの最後に、さらりとした美容液ならば化粧水の後に、といった具合に使用すれば、肌になじみやすいでしょう。

毎日のお手入れに。メゾンレクシアのスキンケアライン

メゾンレクシア オラクル

メゾンレクシアのスキンケアラインは、ライン使いすることで弾むような美肌へと導きます。化粧水と美容液のセット使いをベースに、肌の状態に合わせたアイテムを毎日のお手入れに取り入れてみてください。

植物エキスが肌本来の力を引き出す「オラクル」

「オラクル」は植物の持つエネルギーを活かし、肌本来の力を引き出すことに着目したスキンケアライン。何十種類もの植物エキスを、独自の配合で組み合わせ、相乗効果を追求ししています。また、植物の香気にもこだわり、洗練された香りが心にも充足感をもたらします。

オラクル クラリファイング トナー

オラクル クラリファイング トナー
ダマスクローズやヒマワリなど、肌にたっぷりと潤いを与える植物成分を配合。とろみのあるテクスチャ-で、柔らかくしっとりとした肌へと導く化粧水です。

オラクル パワー モイスチャー

オラクル パワー モイスチャー
肌にハリを与えてくれるトウキンセンカエキスやタイムエキスなど、濃密な植物エキスを贅沢に配合した美容液。コクがあるのにさらりとした使用感で、肌に優しくなじみます。オラクル クラリファイング トナーの後に使うことで、植物の力の相乗効果を実感することができます。

オラクル クリーム ルネサンス

オラクル クリーム ルネサンス
豊かな植物エキスを配合した濃密なナイトクリームです。肌の水分・油分を補い保つカカオ脂や、肌の乾燥を防ぎハリを与えるオタネニンジンエキス、マカデミアナッツオイルなどの美容成分が、眠っている間に角質層へじっくりと浸透。翌朝の肌に弾むようなハリをもたらします。夜のお手入れの最後に使うことで、肌の土台をしっかりと整えます。

季節の変わり目や年齢などで揺らぎやすい肌を潤いで満たす「アルケミー」

植物が持つ特有の力と酵母発酵パワーを組み合わせ、肌の揺らぎにアプローチするスキンケアライン「アルケミー」。独自の美容成分である酵母発酵エキス「VEGAL®*」がパワフルに浸透※し、潤いのあるしなやかな肌を叶えます。

アルケミー プライマリー ローション

アルケミー プライマリー ローション
植物由来の酵母発酵エキスVEGAL®*を、ラインナップ中もっとも多く配合した贅沢な化粧水です。肌なじみの良い、みずみずしいテクスチャーで潤いを補給し、しっかり抱え込んで肌を整えます。

アルケミー ディープ セラム

アルケミー ディープ セラム
さまざまな保湿成分が働き、化粧水によって肌に浸透※した潤いを閉じ込めてキープする美容液。しっとり肌に整えながら、さらりとした仕上がりを叶えます。スキンケアタイムが華やかになるローズ系の香りも魅力です。

アルケミー インテンシブ クリーム

アルケミー インテンシブ クリーム
化粧水と美容液で整えた肌にとろけるようになじみ、眠っている間にハリを与えるナイトクリームです。酵母発酵エキス*をはじめとする保湿成分が、潤いに満ちた弾むような肌へと導きます。

*整肌保湿成分
※角層まで

肌へのごほうびにプラスワン「メゾンレクシア インフューズド オイル」

メゾンレクシア インフューズド オイル

メゾンレクシア インフューズド オイル
いつものラインにスペシャルケアとしてプラスするならば、植物の力を凝縮した「メゾンレクシア インフューズド オイル」がおすすめ。角層まで浸透して、ブースターとして化粧水の前に使えば、乾燥やごわつきを優しくほぐし化粧品の効果が届きやすい肌へ。オイルですがベタつかず、肌にすっとなじむ軽やかなテクスチャーも魅力です。

より輝く肌へ。化粧水と乳液はセット使いがおすすめ

こちらを見つめる髪の長い女性

洗顔後の化粧水や乳液はスキンケアの基本であり、美肌をつくるために欠かせないもの。それぞれの特徴を活かし、高めたいならば、成分が肌にバランス良く働くセット使いがおすすめです。自分の肌質に合うスキンケアラインをみつけて、みずみずしい肌を手に入れましょう。