化粧水だけのスキンケアでは不十分?潤いのある肌はクリームとオイルで作る

化粧水だけのスキンケアでは不十分?潤いのある肌はクリームとオイルで作る

BEAUTY

Jul 14, 2020

スキンケアは「保湿」が重要。水分と油分のバランスが良い、潤いの保たれた状態を目指すことは、健康な肌作りへの第一歩です。化粧水だけでスキンケアを済ますのではなく、クリームやオイルを正しく使用することで、季節に左右されない1年中潤った肌を実現します。

目次

  1. 化粧水だけでは足りない?スキンケアアイテムの役割とは
    1. 化粧水の役割
    2. 乳液の役割
    3. 美容液の役割
    4. クリームの役割
    5. オイルの役割
  2. 一年を通した保湿ケアで潤いのある肌に
    1. 春は花粉や紫外線の対策を
    2. 夏の暑さの中でも保湿は重要
    3. 秋は蓄積された紫外線ダメージに注意
    4. 冬も艷やかな肌をキープ
  3. 朝こそ化粧水だけでは不十分。クリームやオイルを活用しよう
    1. 朝にもクリームやオイルが必要
    2. メゾンレクシア オラクル フィクス プロテクター
    3. メゾンレクシア アルケミー シルキー ヴェール
    4. メゾンレクシア インフューズド オイル
  4. スキンケアには化粧水だけではなくクリームとオイルも忘れずに

化粧水だけでは足りない?スキンケアアイテムの役割とは

化粧水のボトルと鏡

まずは、スキンケアで使用するアイテムの役割を確認してみましょう。詳しくチェックしていくことで、化粧水だけでは不十分な理由が見えてきます。

化粧水の役割

化粧水の役割は水分を補うこと。そう聞くと保湿は化粧水だけで十分に感じてしまうかもしれませんが、化粧水だけではすぐに蒸発します。そして化粧水には美容液やクリーム、乳液などの浸透を促す役割も存在するのです。
洗顔後、なるべく早く化粧水でお肌を整えてあげることで、他のスキンケアアイテムの美容成分が肌に届きやすくなります。そのため化粧水だけでスキンケアを済ますのは、もったいないともいえますね。

乳液の役割

油分を含むものが多い乳液。水分と同時に油分を肌に与えることで角質層の潤いを閉じ込め、水分の蒸発を少なくする役割を持っています。肌の水分が蒸発すると乾燥を引き起こし、余計な皮脂が分泌されてしまう恐れもあります。乳液で完全に水分の蒸発を防げるわけではありませんが、乾燥を予防するためには、非常に効果的なアイテムといえるでしょう。

美容液の役割

美容液の役割は、健やかな肌を保つ美容成分を補うことです。保水や保湿ではなく、成分やエキスで肌をサポートすることが目的になります。肌の悩みは人それぞれ違うもの。悩みや目的に応じた美容成分を、ぜひチェックしてみてください。肌に合わせた美容液を選ぶことで、より役割を実感しやすくなるでしょう。

クリームの役割

クリームの役割は2つ存在します。ひとつは肌に油分を与える保湿効果、そしてもうひとつは化粧水などによって得た潤いの蒸発を防ぐフタの役割です。乳液と役割を混同しがちですが、乳液は肌の内側、角質層に入っていくもの。一方でクリームには、肌表面にフタをすることでバリア機能を強化し、健やかな肌を保つはたらきがあります。
一般的に、肌の水分や油分量は加齢とともに減少していくものです。肌表面の乾燥を予防し、外的環境から守ってくれるクリームは、大人の女性が積極的に取り入れたいスキンケアアイテムです。

オイルの役割

さまざまなタイミングで使用できるのが、オイルと他のアイテムとが大きく異なる点です。使う順番によっては、美容液とクリーム両方のはたらきをしてくれます。
化粧水の後にオイルをなじませれば、水分が蒸発するのを防ぎながら、外的刺激から肌を守るクッションの役割を。化粧水の前にオイルを使うと、水分がより浸透しやすくなるよう角質層にはたらきかけるブースターとして作用します。
皮脂と水分のバランスがより整えやくすなり、滑らかで透明感のある肌へと導いてくれるでしょう。

一年を通した保湿ケアで潤いのある肌に

クリームを手に取る人

保湿は一年を通して必要といわれていますが、その理由をご存知でしょうか。ここでは、季節ごとに保湿が必要な理由をご紹介します。

春は花粉や紫外線の対策を

春は肌に不調が起こりやすいため、保湿を入念に行う人も多いかもしれません。春に起こる肌荒れの主な原因は、肌に付いた花粉の他、マスクの着用によるものも多く見られます。
さらに、春は紫外線量が増加することで乾燥を引き起こしやすく、夏と比較して日差しが弱いからといって油断は大敵。日傘や日焼け止めなどの対策と保湿が必要です。そのため、化粧水だけのスキンケアではなく、日中もクリームやオイルを使用するのが理想的といえるでしょう。

夏の暑さの中でも保湿は重要

汗をかきやすくなり、湿度も上がるためべた付きが気になる夏。油脂分が多く含まれている、こってりとしたテクスチャーのクリームを避けるという人もいるでしょう。べた付きが気になる季節だからといってクリームを使わなかったり、使用量を極端に減らしたりするのはおすすめできません。せっかく化粧水でうるおいを補給しても、クリームなどの油分でしっかりとフタをしないと蒸発していくばかりなのです。

べた付きを避けるあまりスキンケアを油分レスのさっぱりとしたものだけにすると、肌はうるおいが足りないと判断して皮脂を過剰に分泌してしまうかもしれません。クリームや乳液といった油分を含む保湿アイテムを使い分けて、適正量の皮脂を維持することが夏のスキンケアのポイントです。

秋は蓄積された紫外線ダメージに注意

秋は夏の紫外線ダメージの影響で、乾燥やゴワつきが気になる季節です。また、体に残った夏の疲れが血行不良などを引き起こしてしまうことも考えられます。涼しくなると汗をかきにくくなりますが、あまり汗をかかないのは乾燥の原因にもなります。本格的な乾燥シーズンである冬が訪れる前に、夏のダメージを受けた肌の状態を回復させておくことはとても重要なこと。そのためには、入念な保湿が欠かせません。

冬も艷やかな肌をキープ

特に乾燥しやすい冬では外気だけではなく、暖房器具も乾燥を作る大きな要因となります。冷えにより体の巡りも滞りがちになるので、不調が出ないように注意が必要です。暖房で外側から体を温めるだけではなく、内側から温まる飲み物や食べ物を積極的に摂り、運動やマッサージを取り入れて血行を良くしてあげてください。
室内の温度管理に、可能であれば加湿器などで湿度管理をプラスするのも効果的。夜だけではなく、朝もしっかりと保湿を行うと乾燥を予防できます。

朝こそ化粧水だけでは不十分。クリームやオイルを活用しよう

メゾンレクシアのスキンケアアイテム

夜は入念にスキンケアを行っていても、朝は化粧水で済ませているという人もいるのではないでしょうか。クリームやオイルは夜だけ塗れば良いというものではありません。朝にも適切な保湿をする必要があるのです。ここでは、朝のスキンケアの重要性やおすすめのアイテムを紹介します。

朝にもクリームやオイルが必要

クリームやオイルは夜だけのスペシャルケアといったイメージが強いかもしれませんが、日中の肌にも必要不可欠なもの。ベースメイクの前に塗って肌の水分と油分量のバランスを整えておくと、化粧のノリが良くなったり、化粧が崩れにくくなったりします。

手にクリームをのせて体温で温め、水分や美容成分でフタをするイメージで優しく顔全体に塗っていきます。小鼻や目の横のくぼみといった、細かい部分にもしっかりと行き渡らせてください。最後に両手で顔全体を包み込み、手のひらでクリームを優しくなじませます。

これらを朝夜ともに余裕を持って行い、健やかな肌を作っていきたいですね。次から紹介するクリームやオイルで、水分と油分のバランスを整えていきましょう。

メゾンレクシア オラクル フィクス プロテクター

メゾンレクシア オラクル フィクス プロテクター

乾燥や紫外線によるダメージから、肌をしっかりと守ってくれるデイクリームです。ふんだんに使用した植物成分が肌にみずみずしさを与え、なめらかさとツヤを保ちます。伸びの良いテクスチャーでしっかりうるおうので、1日中しっとり。首筋や腕に塗るのはもちろん、化粧下地としても使用可能です。

メゾンレクシア アルケミー シルキー ヴェール

メゾンレクシア アルケミー シルキー ヴェール

高い浸透性※と豊かな保湿力で、日中のうるおいをキープしてくれるデイクリーム。過剰な皮脂分泌を防ぎながら、紫外線から肌を守ります。さらっとした付け心地で、なめらかな肌作りをサポートしてくれるので、角質や毛穴のざらつきが気になる人にも薦めたい一品です。スウィートフローラルの香りに気分も上がります。
※角質まで

メゾンレクシア インフューズド オイル

メゾンレクシア インフューズド オイル

厳選された植物から抽出したインフューズドオイルを贅沢に使用。凝縮した有効成分がすみずみまで※浸透し、乾燥やごわつきをほぐしてくれます。肌になじみやすく軽いテクスチャーで、オイルが苦手な人や初めての人にも試しやすいのも魅力のひとつです。
※角質まで

スキンケアには化粧水だけではなくクリームとオイルも忘れずに

化粧水やクリームの容器

肌に有効成分を入りやすくするのが化粧水の主な役割。そして乳液が角質層の隙間を埋め、クリームやオイルが成分を閉じ込めて浸透させます。肌の保湿を化粧水だけで終わらすのは不十分で、クリームやオイルでフタをすることが大切です。正しいスキンケアは肌トラブルの予防にもなりますので、毎日コツコツ続けて、乾燥知らずの肌を作ってみませんか。