開いた毛穴の引き締め方とは?夏の肌ダメージを改善するおすすめスキンケア

開いた毛穴の引き締め方とは?夏の肌ダメージを改善するおすすめスキンケア

BEAUTY

Aug 05, 2020

夏に気になる毛穴の引き締めには、高温多湿な気候や強い紫外線、冷房など、夏ならではの要因とともに、適切なスキンケアを理解することが大切です。ただ毛穴を引き締めるだけではなく、上質な化粧水で肌のコンディションを整えれば、毛穴の開きにくい健やかな肌を手に入れられます。

目次

  1. 夏に毛穴が開きやすくなる原因
    1. 高温多湿な気候
    2. 強力な紫外線
    3. よく効いた冷房
  2. 開いた毛穴を引き締めるスキンケアのポイント
    1. 皮脂の取りすぎを防ぐ
    2. 紫外線対策をおこなう
    3. 保湿重視のスキンケア
    4. 毛穴が特に気になるときは「温めて冷やす」
  3. 夏のダメージを残さない。高品質の化粧水で開いた毛穴を引き締め
    1. メゾンレクシア オラクル クラリファイング トナー
    2. メゾンレクシア オラクル クラリファイング トナー ミスト
  4. 丁寧なスキンケアで開いた毛穴を引き締めよう

夏に毛穴が開きやすくなる原因

サングラスをかけて立つ女性

夏に毛穴が気になりやすくなるのはなぜでしょうか。毛穴を引き締める方法の前に、まずは夏に毛穴トラブルが起こりやすい原因を紹介します。

高温多湿な気候

日本の夏は高温多湿な気候が特徴です。気象庁のデータによると、2019年8月の東京の平均気温は28.4℃、平均湿度は80%にもおよびます。

気温や湿度が上がるにつれて増えていくのが、皮脂の分泌。皮脂は毛穴を通って肌表面に出てくるため、皮脂の分泌が過剰な夏は毛穴は押し広げられた状態になります。また、夏は汗の量も増えることから、開きっぱなしの毛穴に汗で流れたメイク汚れや角栓などが詰まり、毛穴が目立ちやすい傾向にあります。

強力な紫外線

5~8月頃は1年で最も紫外線の量が増えますが、この強力な紫外線も毛穴を目立たせる原因です。

紫外線は肌の奥にある真皮層にまで達して、肌にダメージを与えます。こうした紫外線ダメージから肌を守るため、肌表面の角質層が厚みを増すことに。すると、肌内部の乾燥を引き起こして、ターンオーバーが乱れます。その結果、肌表面に溜まった角質と皮脂が混ざり合って角栓を作り、毛穴を詰まらせるのです。さらに、角栓は放っておくと酸化してしまい、毛穴の黒ずみも引き起こします。

よく効いた冷房

高温多湿で肌の潤いは十分そうな夏ですが、実際には冬と同じくらい乾燥している可能性があります。その理由が冷房です。

蒸し暑い夏だからこそ欠かせない冷房ですが、冷房をかけた部屋は真冬と変わらないほど湿度が低いことも。一方で、保湿ケアをおろそかにしやすいため気づかないうちに肌の乾燥が進み、ハリや弾力が低下します。結果として頬のたるみ、毛穴を目立たせてしまうのです。

また過度に肌の乾燥が進むと、失われた水分を補うために皮脂の分泌量が増えます。そのため、角栓による毛穴詰まりにつながることも珍しくありません。

開いた毛穴を引き締めるスキンケアのポイント

顔を洗う女性

開いた毛穴が気になったら、健やかな肌作りの土台となるスキンケアを根本から見直してみましょう。それでは、毛穴を引き締めるためのスキンケアのポイントを紹介します。

皮脂の取りすぎを防ぐ

毛穴を開かせる原因として知られる皮脂ですが、実は健やかな肌には欠かせない存在。と言うのも、皮脂には肌の表面をバリアして潤いを保つ働きがあり、少なすぎると乾燥肌の元となってしまうのです。

一方で、過剰な皮脂は毛穴の開きや肌荒れといった肌トラブルを引き起こしてしまいます。スキンケアをするときは過剰な皮脂を取り除くことを意識しつつ、必要な皮脂まで奪いすぎないように気を付けてください。皮脂量のバランスが良いと、自然と毛穴の引き締まった肌に近づきます。

おすすめなのが洗顔料の見直しです。スクラブの入った洗顔料で洗うと皮脂が落ちてすっきりした気分になりますが、繊細な大人の肌には刺激が強すぎる場合もあります。肌への優しさにこだわった洗顔料を使って、たっぷりの泡で包み込むように洗ってみてください。メイク落としもクリームタイプやジェルタイプなど、肌への刺激が少ないものをセレクトするのが良いでしょう。

紫外線対策をおこなう

過剰に分泌された皮脂をそのままにしておくと、夏の強い紫外線を浴びるうちに酸化し、やがて毛穴の黒ずみや角栓につながります。また、紫外線を浴び続けると、肌は自らダメージを防ぐ目的から角質を厚くします。その結果、古い角質が溜まって毛穴を目立たせる上、さまざまな肌トラブルの原因にもなるのです。
つまり毛穴を引き締めるには、皮脂のバランスを整えると同時に、万全の紫外線対策を行うことが重要です。

日焼け止めクリームは外出時はもちろん、屋内で過ごすときにもきちんと塗るようにしましょう。帽子やサングラスなど、紫外線を防止するグッズの積極的な活用も大切です。

保湿重視のスキンケア

皮脂や汗の量が増える夏は、他の季節に比べると肌に潤いを感じる人も多いかもしれません。しかし実際は逆で、汗は肌の潤いも一緒に流し、過剰な皮脂は肌内部の乾燥を進行させます。

さらに、エアコンのある室内や強い紫外線の注ぐ屋外で過ごす夏は、気づかないうちに肌を乾燥させてしまいます。また汗でべたつきを感じると、化粧水の量を減らしたり乳液やクリームを省いたりと、夏はスキンケアを簡素化しやすいです。

乾燥による毛穴の開きを防ぐためにも、夏こそ、保湿を重視したスキンケアが不可欠です。保湿効果の高い化粧水をたっぷりと使う、乳液やクリームで潤いにフタをするなど、丁寧なスキンケアを心がけてください。べたつきが気になるのなら、さっぱりタイプの化粧品を選ぶと良いでしょう。

毛穴が特に気になるときは「温めて冷やす」

毛穴の開きが特に気になるときには、「温めて冷やす」スペシャルケアで、毛穴を引き締めましょう。

おすすめしたいのが、蒸しタオルを使ったケア。しっとりする程度に濡らしたタオルを電子レンジで30秒から1分ほど温めれば、準備はOKです。後は広げたタオルで顔全体を覆い、約3分ほどそのままにします。温かな蒸気が毛穴を開いて汚れを浮き上がらせるとともに、古い角質を柔らかくします。その後に洗顔することで、気になる皮脂や角質汚れが落ちやすくなるでしょう。

最後は通常通りのスキンケアを行います。このとき、化粧水はあらかじめ冷蔵庫で冷やしておくのがポイントです。蒸しタオルで開いた毛穴を、冷やした化粧水がキュッと引き締めてくれます。

夏のダメージを残さない。高品質の化粧水で開いた毛穴を引き締め

化粧水をコットンに取る女性

夏ならではのダメージが蓄積した肌は、高品質な化粧水でしっかりと保湿しすることが大切です。肌のキメが整うと、自然と毛穴の開きも気にならなくなるでしょう。

メゾンレクシアの「オラクル」は、パワフルな植物の力をまっすぐ肌に届けるスキンケアライン。使い続けることで肌の生まれ変わりを助け、肌が自ら美しくなろうとする力を引き出します。上質を知る大人の肌にふさわしいオラクルのラインナップから、心地良く使える化粧水を紹介します。

メゾンレクシア オラクル クラリファイング トナー

メゾンレクシアオラクル クラリファイング トナー

150ml 4,500円+税

ダマスクローズ花水やヒマワリエキスといった保湿効果の高い植物成分を濃密に配合した化粧水がこちら。しっとりと潤いに満ちた肌を実現します。さらに、ビワの葉やオトギリソウといった植物エキスが肌のキメを整えて、健やかな肌へと導きます。清潔感あふれるフローラルな香りが、毎日のスキンケアを贅沢な時間に変えてくれるはずです。

メゾンレクシア オラクル クラリファイング トナー ミスト

メゾンレクシア オラクル クラリファイング トナー ミスト

150ml 4,500円+税

先ほどのドロップタイプとは一転変わって、こちらはミストタイプの化粧水。乾燥が気になるときやメイク直しのタイミングなど、いつでも手軽に顔に吹きかけられます。粒子の細かいミストが肌に浸透し(※)、たっぷりの潤いを与えて毛穴を引き締めてくれます。ダマスクローズやセンチフォリアなどのローズを基調としたフローラルな香りも魅力です。

※角層まで

丁寧なスキンケアで開いた毛穴を引き締めよう

頬杖をついて微笑む女性

毛穴の開きは、蓄積された夏のダメージが肌トラブルとなって現れたもの。できるだけ早いうちにしっかりケアしましょう。

毛穴トラブルを感じたら紫外線対策はもちろんのこと、保湿重視のスキンケアにシフトチェンジしてください。高品質の化粧水をたっぷりと使い、肌の奥までしっかりと潤すことが大切です。

丁寧なスキンケアを続ければ、毛穴が少しずつ引き締められていくはずですよ。