冬の乾燥に備えて「秋のスキンケア」を。美容液の取り入れ方や順番を解説

冬の乾燥に備えて「秋のスキンケア」を。美容液の取り入れ方や順番を解説

BEAUTY

Sep 10, 2020

冬になると肌の老化を速める「乾燥」対策が欠かせません。夏に受けたダメージを美容液などで秋のうちからケアしておくことは、冬の乾燥予防につながります。また、保湿を重視したスキンケアも重要なポイント。正しいスキンケアと美容液の取り入れ方を実践すれば、健やかで乾燥知らずの肌作りも可能です。

目次

  1. 秋の肌は想像以上に疲れている
    1. 夏に蓄積したダメージが肌に表れる
    2. 秋の気候が肌を乾燥させる
  2. 秋は保湿重視のスキンケアに変えよう
    1. スキンケアは保湿効果の高いものを選ぶ
    2. 美容液をプラスする
  3. 秋のスキンケアの順番とポイント
    1. 順番1.クレンジング
    2. 順番2.洗顔
    3. 順番3.化粧水
    4. 順番4.美容液
    5. 順番5.乳液
  4. おすすめの化粧水・美容液
    1. メゾンレクシア オラクル クラリファイング トナー
    2. メゾンレクシア アルケミー プライマリー ローション
    3. メゾンレクシア オラクル パワー モイスチャー
    4. メゾンレクシア アルケミー ディープ セラム
  5. 秋は使うスキンケア用品や順番にこだわりを

秋の肌は想像以上に疲れている

肌トラブルに悩む女性

秋になると、肌の調子が悪くなると感じることはありませんか?秋に肌トラブルが起こりやすいのには理由があるのです。まずは、秋になると肌の調子が悪くなりやすい原因について解説していきます。

夏に蓄積したダメージが肌に表れる

夏から秋に季節が移り変われば、強い紫外線の心配がなくなるというわけではありません。弱くなったとはいえ、秋も紫外線は降り注いでいるからです。

また、夏に受けた紫外線によるダメージは目に見えなくても肌に蓄積されています。紫外線によって肌のバリア機能が低下すると肌荒れしやすくなることも。

さらに、汗をかく夏には冷房や水分不足による乾燥が起こっている場合もあります。過酷な夏を越した秋の肌は想像以上のストレスを抱えているため、シミやシワ、くすみなどのトラブルが発生しやすいのです。

秋の気候が肌を乾燥させる

夏のダメージを肌に残したまま、季節は秋に変わります。秋は気温や湿度が下がるため、肌が乾燥しやすいです。疲れを残したままの肌に、乾燥という追い打ちがかかってさらに肌トラブルが起こりやすくなります。

乾燥はシワやくすみの大きな原因の一つ。肌が乾燥してちりめん状にカサつくとシワになります。また乾燥でバリア機能が低下した肌は角質が厚くなり、水分不足の肌は毛穴が開きやすくなるため、くすんで見えてしまいます。

肌トラブルを防ぐには夏のダメージをケアし、秋の乾燥から肌を守ることが重要です。そのため、いつも以上に入念なスキンケアが必要と言えるでしょう。

秋は保湿重視のスキンケアに変えよう

白い花とスキンケアアイテム

秋の乾燥から肌を守るためには、保湿重視のスキンケアに切り替える必要があります。それでは、どのようなスキンケアアイテムを選べば良いのでしょうか。押さえておきたいポイントを紹介します。

スキンケアは保湿効果の高いものを選ぶ

基礎化粧品は、保湿効果が高いものを選ぶのが基本になってきます。ぜひ、手持ちのスキンケアアイテムを見直してみてください。普段さっぱりタイプのものを使っていても、肌が敏感になりやすいこの時期だけ変えてみるのもおすすめです。

高保湿成分には複数の種類が存在します。例えば、水分を挟み込むセラミドとレシチンや水分を抱え込むヒアルロン酸とコラーゲン、水分を掴むアミノ酸とグリセリンなど。成分によって、働きが異なるのもポイントです。保湿成分が複数配合されたものは、より高い効果が期待できます。

肌が弱っている時は、肌のバリア機能を高めてくれるセラミドがおすすめです。また、香料やアルコールは刺激になるので、なるべく避けるようにしましょう。

美容液をプラスする

基礎化粧品だけではうるおいが足りないと感じる場合には、美容液をプラスしてさらに保湿力を高めるのがおすすめ。美容液には美白や目元用など複数の種類がありますが、乾燥対策であれば保湿美容液と呼ばれるものを選ぶと良いでしょう。日焼けをしている場合は、美白美容液や抗炎症作用がある美容液も取り入れてみてください。

また、美白美容液と保湿美容液といったように、美容液をダブル使いするスキンケアもあります。とはいえ、肌への浸透などを考えると、同時に使うのは2種類に留めておくのが適切と言えるでしょう。

秋のスキンケアの順番とポイント

クリームを手に取る女性

普段のスキンケアはどのような順番で行っていますか?正しいスキンケア方法を見直すことは、健やかな肌への近道。ここでは、スキンケアの順番とポイントを紹介していきます。

順番1.クレンジング

クレンジングはメイクをしっかり落としたいもの。ですが、オイルやジェルなどの洗浄力の強いものは、乾燥肌の方には少し不向きかもしれません。肌の乾燥が気になる時は、ミルクタイプやクリームタイプのクレンジングで肌を労りながらメイクをオフしていきます。

特に肌負担が少ないのはミルクタイプのクレンジングです。また乾燥が気になる時は、メイクそのものをナチュラルに仕上げてみてください。

順番2.洗顔

洗顔方法によって、スキンケアの効果が左右されると言っても過言ではありません。汚れや古い角質をしっかり洗浄できると、後から使うアイテムの浸透率がより高まります。とはいえ、ゴシゴシと擦るように洗うのは避けましょう。洗顔料をしっかりと泡立てて、力を入れずにクルクルと円を描くように洗ってみてください。

眉間、小鼻の脇、口角は洗い残しが多く角質が残りやすい部分なので、意識して洗うと良いでしょう。余計な角質をオフするだけでも肌がトーンアップします。また、フェイスラインや髪の生え際はすすぎ残しが多い部分。すすぎ残しはくすみの原因になるため、しっかりと洗い流す必要があります。

順番3.化粧水

洗顔が終わったら、化粧水で肌にうるおいを補給しましょう。この時、顔だけではなく首やデコルテ部分も化粧水でケアすると、シワの予防につながります。コットンに化粧水を含ませたら、顔全体にしっかりとなじませてください。耳の下から首にかけても、パッティングを行います。

肌がひんやりとしていくのを感じられたら、化粧水が浸透している証拠です。全体に浸透するよう、まんべんなく行き渡らせてください。

順番4.美容液

美容液をつける順番に迷うという方も多いかもしれません。美容液は乳液の前につけるのが一般的なのですが、これには理由があります。乳液には油分が多く含まれるため、後から美容液をつけると成分が浸透しにくいのです。

化粧水を肌に浸透させた後、適量の美容液を手のひらにとり、両手のひらを合わせて温めてあげます。体温で温めた美容液を、2~3度に分けて肌に塗り込んでください。特に乾燥が気になる部分は、重点的につけると良いでしょう。

順番5.乳液

スキンケアの最後は、肌に浸透させたうるおいを乳液で蓋をして閉じ込めます。美容液と同様に乳液を手のひらで温めたら、顔の中心から外側に向かって円を描きながら伸ばしてください。乾燥しやすい口元や目元は、重ね付けすると良いでしょう。手のひらで顔全体を包み込むように優しくハンドプレスをして、スキンケアの完了です。

おすすめの化粧水・美容液

メゾンレクシアのスキンケアアイテム

ここからは、乾燥対策の味方になってくれる、保湿効果に優れたおすすめの化粧水と美容液を紹介します。

メゾンレクシア オラクル クラリファイング トナー

メゾンレクシア オラクル クラリファイング トナー

ダマスクローズやヒマワリなど、保湿効果のある植物成分をたっぷり配合した化粧水です。とろみのあるテクスチャーの化粧水が角層をうるおいで満たし、しっとりとした柔らかい肌へと導いてくれます。

メゾンレクシア アルケミー プライマリー ローション

メゾンレクシア アルケミー プライマリー ローション

保湿力にも浸透性※にも優れた化粧水です。肌をうるおいで満たすだけではなく、うるおいを抱え込む力を高めてくれます。乾燥が気になる部分には重ねづけがおすすめ。手の甲に吸いつく感じが、浸透※の目安になってくれます。

※角層まで

メゾンレクシア オラクル パワー モイスチャー

メゾンレクシア オラクル パワーモイスチャー

濃密な植物成分を贅沢に配合した美容液。肌を柔らかにしながら、ハリを与えてくれます。さらりとしたテクスチャーで、伸びが良いのもポイントです。数種類のローズや高品質のエッセンシャルオイルをブレンドしており、香りによるリラックス効果も期待できるでしょう。

メゾンレクシア アルケミー ディープ セラム

メゾンレクシアアルケミーディープセラム

肌に素早くなじむアクアリッチなテクスチャーが特長の美容液。さまざまな保湿成分が、みずみずしさに満たされた健やかな肌作りをサポートしてくれます。乾燥や毛穴の開きが気になる方におすすめのアイテムなので、秋のスキンケアにも最適です。

秋は使うスキンケア用品や順番にこだわりを

スキンケアアイテムを手に持つ

本格的な乾燥対策は、秋からスタートすることがポイント。秋のうちに夏に受けたダメージをしっかりとケアしておけば、その分肌トラブルは起こりにくくなります。保湿効果の高いアイテムや美容液を効果的に使って、柔らかでうるおいに満ちた美肌をキープしていきましょう。