ナイトクリームとは?デイクリームとの違いや使い分け方をわかりやすく解説

ナイトクリームとは?デイクリームとの違いや使い分け方をわかりやすく解説

BEAUTY

Oct 05, 2020

ナイトクリームは、化粧水などで補給した水分が逃げないようにする蓋の役割を持ったスキンケアアイテムです。保湿力が高く、乾燥による肌トラブルや日中の肌ダメージを修復してくれます。今回は、ナイトクリームの役割や他のアイテムとの違い、デイクリームとの使い分け方を紹介しています。夜のお手入れでみずみずしい肌を手に入れましょう。

目次

  1. ナイトクリームとは
    1. ナイトクリームの役割とは?
    2. どんなお肌の悩みに効果的?
    3. どんな種類がある?
  2. ナイトクリームと他のスキンケアアイテムの違いとは
    1. デイクリーム
    2. 乳液
    3. 美容液
  3. ナイトクリームとデイクリームの使い分け方
    1. デイクリーム
    2. ナイトクリーム
  4. メゾンレクシアのナイトクリーム・デイクリーム
    1. メゾンレクシア オラクル クリーム ルネサンス
    2. メゾンレクシア オラクル フィクス プロテクター
    3. メゾンレクシア アルケミー インテンシブ クリーム
    4. メゾンレクシア アルケミー シルキー ヴェール
  5. ナイトクリームとは、やわらかな肌に近づけてくれるもの

ナイトクリームとは

夜の背景とクリーム

ナイトクリームは名前を見ても分かる通り、「夜使うクリーム」のこと。ここではまず、役割や効果、種類など、ナイトクリームとはどのようなものなのかについて確認していきます。

ナイトクリームの役割とは?

ナイトクリームは、化粧水などで補給した水分が寝ている間に蒸発しないようにする、夜用のクリームです。油分を多く含んだこっくりとしたテクスチャーで、保湿成分も多く含まれています。

また、紫外線やメイクなどでダメージを受けた肌は、寝ている間にダメージを修復します。そのため保湿成分だけでなく、肌ダメージの回復を助けてくれる成分も含まれているのがナイトクリームです。

どんなお肌の悩みに効果的?

肌に潤いを与えるための保湿成分が多く配合されているナイトクリームは、乾燥肌や年齢による肌の衰えを感じるようになってきた人におすすめです。寝てる間に行われる肌の回復がうながされ、しっとりとした肌へ整えてくれます。

美白やリフトアップ、シワやたるみの改善などに効果のある整肌成分や美容成分が配合されたものなら、アンチエイジングに取り組みたい人の夜用ケアに取り入れるのも良いでしょう。

どんな種類がある?

ナイトクリームには多くの種類があります。肌にしっかりとうるおいを与えてもっちり肌にしてくれるヒアルロン酸入り、ピンとしたハリのある肌にしてくれるコラーゲン入りなど、含まれる美容成分によって特徴が異なります。

テクスチャーもサラッとしたものから、こっくりとしたしっとりタイプなどさまざまです。選ぶ際は、肌の悩みや使い心地などを考えましょう。

ナイトクリームと他のスキンケアアイテムの違いとは

葉の上に並んだ化粧品

ナイトクリームと他のスキンケアアイテムは、それぞれ役割が違います。それぞれのアイテムに合った使い方をすることが、それぞれの効果を実感する近道です。こちらではデイクリーム、乳液、美容液それぞれの役割を解説します。

デイクリーム

デイクリームは、日中の紫外線や空気の乾燥などさまざまな外的環境ダメージから肌を守り、うるおいを与えてくれるクリームです。保湿効果もあるため、日中の乾燥から肌を守ってくれます。

日中使うクリームなので、SPFやPAなどのUVカット機能がはいった日焼け止めを兼ねているタイプも多く、忙しい朝に便利なアイテムです。

また、油分が少なく軽いテクスチャーのものを選ぶと、お化粧のノリを良くして崩れを防いでくれます。

乳液

乳液もナイトクリームと同様に、化粧水で角層まで補った水分を失わないよう、油分で蓋をする役割があります。しかし、乳液は油分が少なく水分が多いため、さらにうるおいを与えながら閉じ込める保湿アイテムです。

脂性肌の人は油分の多いナイトクリームを使うと、ニキビが悪化したり吹き出物が出てきたり、肌トラブルを起こす可能性があるため乳液をおすすめします。

乾燥肌の人は乳液だけでは保湿力が不足するかもしれません。そういった時は乳液とナイトクリームどちらか一方を選ぶのではなく、それぞれの足りない部分を補えるよう併用するのも手です。

美容液

美容液は化粧水や乳液、クリームなどの基本的なスキンケアだけでは肌トラブルの改善が実感できない時や、ワンランク上のケアをしたい時におすすめのアイテムです。肌に必要な栄養を与え、うるおい、美白、シワ、ニキビなど、悩みに対して効果的な成分を肌に補給してくれます。

ナイトクリームとデイクリームの使い分け方

白いクリームの瓶を持った女性の手

スキンケアは朝と夜の2回行うのが一般的ですが、それぞれの時間帯によって肌の状態が異なります。そこでそれぞれの時間に合わせて作られたナイトクリームとデイクリームを、どちらか一方ではなく、両方使うことで効果的な肌ケアができるのです。

しかし、使い方を間違ってしまうと肌にダメージを与えることもあるため、ここから解説するナイトクリームとデイクリームそれぞれの使い方をしっかり確認しておきましょう。

デイクリーム

日中の紫外線や乾燥、メイク汚れなどの外的刺激から守るため、デイクリームは朝のスキンケアとしてメイク前に取り入れましょう。

朝は時間に余裕がない人は、日焼け止め効果のあるものや化粧下地として使えるものがおすすめです。また、べたつきにくいデイクリームなら、急いでいる日でもメイクしやすくなります。

ナイトクリーム

ナイトクリームはお風呂上がりのスキンケアで使用しましょう。

効果を高めるためには使う順番も大切です。クレンジング→洗顔→化粧水→美容液→乳液→ナイトクリームと覚えておきましょう。乳液の後に使うことで、より水分の蒸発を防いでうるおいを保てます。

ナイトクリームには肌の悩みに効果的な成分が多く配合されているため、使い方が指定されているものもあります。使用前にはきちんとチェックして、安全に肌のダメージ修復をしましょう。

メゾンレクシアのナイトクリーム・デイクリーム

花の中に置かれたクリーム

厳選した植物成分を配合して造られたメゾンレクシアのスキンケアシリーズから、2種類のナイトクリーム、デイクリームを紹介します。植物の力でリッチな肌を手に入れましょう。

メゾンレクシア オラクル クリーム ルネサンス

メゾンレクシア オラクル クリーム ルネサンス

肌に秘められた力を「引き出す」スキンケアを追及して開発されたオラクルシリーズのナイトクリーム。眠っている間に肌本来の「根本回復力」を呼び戻す植物成分がふんだんに使われています。濃厚なクリームのテクスチャーは、肌の弾力を取り戻したい人におすすめです。疲れをほぐすエッセンシャルオイルの香りが、心地良い眠りに導いてくれます。

メゾンレクシア オラクル フィクス プロテクター

メゾンレクシア オラクル フィクス プロテクター

日中の紫外線や乾燥によるダメージから肌をしっかり守ってくれるデイクリーム。濃密な植物成分がしっかり保湿しながら、なめらかでツヤのある肌をキープしてくれます。伸びの良いさらりとしたテクスチャーで、UVカットもできるため化粧下地としてもおすすめです。

メゾンレクシア アルケミー インテンシブ クリーム

メゾンレクシア アルケミー インテンシブ クリーム

独自に開発された植物由来の酵母発酵エキス※を配合したアルケミーシリーズのナイトクリーム。「うるおい」に特化した成分が、眠っている間にしっかりと角層まで浸透して、肌本来の働きをサポートしてくれます。肌なじみの良いとろけるようなクリームが、角質までイキイキとした弾むような肌に整えてくれます。
※整肌保湿成分

メゾンレクシア アルケミー シルキー ヴェール

メゾンレクシア アルケミー シルキー ヴェール

みずみずしいテクスチャーで高い浸透性※クリームが、しっかりうるおいながら紫外線をカットしてくれるアルケミーのデイクリーム。豊かな保湿力で、乾燥による過剰な皮脂の分泌を抑えて、紫外線によるダメージから肌を守りなめらかに整えてくれます。日中の乾燥が気になる人や、うるおいが続かないと感じている人におすすめです。
※角層まで

ナイトクリームとは、やわらかな肌に近づけてくれるもの

笑顔でこちらを向く女性

保湿力の高いナイトクリームは、乾燥や年齢による肌の変化をなんとかして、やわらかな肌になりたいという人に特におすすめのアイテムです。より効果を実感するためにも、ぜひ肌の悩みに合ったナイトクリームを選び、使う順番まで意識して利用してください。毎日のスキンケアに取り入れて、うるおいに満ちた弾力のある肌へと近づきましょう。