オリエンタルな香りが魅力のパチュリ。効果やおすすめのフレグランスを紹介

オリエンタルな香りが魅力のパチュリ。効果やおすすめのフレグランスを紹介

LIFESTYLE

Feb 01, 2021

パチュリとはシソ科の植物で、香水や化粧品、漢方などに使用されるハーブの一種です。大地をイメージさせる独特な香りがあり、フレグランス界においてはオリエンタルな雰囲気を出したい時などに重宝されます。本記事ではパチュリの特徴や効果、相性の良い香り、パチュリを使用したおすすめのフレグランスを紹介します。

目次

  1. パチュリとは
    1. パチュリの特徴
    2. パチュリの香り
    3. パチュリの栽培方法
    4. パチュリの用途
  2. パチュリの効能・効果
    1. 精神への効果
    2. 健康への効果
    3. 肌への効果
  3. パチュリと相性の良い香り
    1. 柑橘系
    2. フローラル系
    3. 樹脂系
  4. メゾンレクシア イノセント セイジ オードパルファム
    1. 天然香料をメインに使用
    2. 上質な香りのグラデーション
  5. 大地を想わせるパチュリの香りに癒されて

パチュリとは

パチュリは、古来から薬として使用されてきたシソ科の植物です。オリエンタルな香りを楽しめることから、現在では香水や化粧品に使われています。まずは、パチュリの特徴を見ていきましょう。

パチュリの特徴

パチュリはパチョリとも呼ばれており、シソ科ミズトラノオ属に分類されるハーブの一種です。漢方では、カッコウ(霍香)という名称がついています。パチュリという名前は、南インドに住むタミル人の言語が由来。タミル語で「緑の葉」を意味する「パッチャ・イライ」が元になっていると言われています。

パチュリは主にインドネシアやインド、マレーシア、パラグアイなどの熱帯地方で生育し、1メートルほどの背丈に育つ多年草です。昔から虫よけや解毒剤、入浴用の薬草として重宝された歴史を持ちます。また漢方では、下痢や嘔吐、解毒に有効な植物として用いられてきました。

パチュリの香り

パチュリと同じシソ科のハーブには、ラベンダーやローズマリーがあります。ラベンダーもローズマリーもフローラルな香りが特徴的ですが、パチュリはその2つとは異なる独特の香りを楽しめるのがポイント。スモーキーさがあり、土を想起させる香りです。そのスモーキーさは、時に墨汁のような香りと例えられることもあります。エキゾチックで落ち着きのある、オリエンタルな香りとも言えるでしょう。

パチュリは香りが比較的強めなので、匂い消しの目的でも使用されてきました。また独特のオリエンタルさが大きな魅力なので、色っぽさやドラマティックなムードを演出したい時にも大活躍してくれます。

パチュリの栽培方法

パチュリは熱帯地方で育つ植物なので、寒さに弱い性質を持っています。生育の適温は20~30度と高めになっているため、日本で冬を越すのは非常に難しいと言えるでしょう。もし自宅で栽培するのであれば、夏場は庭に植え、冬の間は屋内で管理する必要があります。

日照量に応じて色味が変わるのもパチュリの特徴です。日の光が当たると薄くなり、反対に影で育てると濃くなります。また、水はけが悪い土壌では根腐れしやすいので注意が必要です。

パチュリはデリケートで寒さに弱いため、総合的に見て日本の家庭で栽培するのは難しいかもしれません。しかしながら、手間をかけて育てれば1年のうちに数回収穫が可能です。

パチュリの用途

古来より薬として用いられてきたパチュリ。香りの奥深さから香水の調香に重宝されるなど、現在でもさまざまな製品に使われています。アロマスプレーならルームフレグランスとしてお部屋を良い香りにできますし、アロマバスやアロママッサージにパチュリの香りを選んでリラックスするのもおすすめです。

パチュリを使ったアロマキャンドルやアロマストーンの他、石鹸のようなボディケアグッズなどアイテムのバリエーションも豊富なので、ぜひお気に入りのものを見つけてみてください。

パチュリの効能・効果

パチュリの香りには精神を安定させるリラックス効果があります。また、健康や肌にも良い影響を与えると言われています。ここからは、パチュリが人にもたらす効果をチェックしていきましょう。

精神への効果

広大で温かな大地を想起させるパチュリの香りは、心を落ち着けてくれます。大木がしっかりとした根を張るような、地に足が着いた安定感と安心感を得られるでしょう。そのため不安やイライラを和らげたい時や、情緒が不安定になっている時におすすめしたい香りです。

精神を穏やかに保ち深いリラックス効果をもたらしてくれるだけではなく、やる気や創造力を高めてくれるのもポイント。仕事や作業の合間に使うのも効果的です。

健康への効果

漢方としても使用されているパチュリは、体を温める性質を持っているため冷えに効果的。消炎作用があり、免疫力が低下している時にも活用したいハーブです。

それだけではなく、腸の水分量を調整するはたらきがあるため、便秘や消化不良といった消化器の不調改善も期待できるでしょう。また、更年期障害やPMSのような女性特有の症状を和らげる力も持つとも言われています。

肌への効果

パチュリはスキンケアアイテムに取り入れられることもある植物です。皮膚の軟化と細胞の成長を促す作用があるため、肌の再生効果が期待できます。また収れん作用もあり、ニキビやたるみを予防したい時にもおすすめです。

シミやシワ、くすみなどのエイジングケアとして用いるのも効果的。肌を整えてくれるので、炎症やかゆみ、湿疹といった肌トラブルを改善させたい時にも上手く活用したい植物です。

パチュリと相性の良い香り

パチュリの香りは単体だと個性が強いと感じるかもしれません。ですが、他の香りと組み合わせると絶妙なアクセントとして香りに深みを与えてくれるでしょう。ここでは、パチュリと相性の良い香りを紹介します。

柑橘系

レモンやライム、グレープフルーツといった柑橘系の香りはパチュリと相性抜群。ぜひ、柑橘系をメインにしてパチュリを加えてみてください。みずみずしく爽やかな香りにパチュリのスモーキーさがアクセントとなって、奥行きや深みが増します。

フローラル系

土をイメージさせるパチュリは、柑橘系と同様に土から芽吹くフローラル系の香りとも好相性です。例えば、華やかでエキゾチックなムードを演出できるイランイラン。パチュリをプラスするとイランイランの甘さがより引き立ちます。成熟した大人の女性に似合う、上品な色っぽさを纏いたい時におすすめの組み合わせです。

フレグランスアイテムの王道とも呼べるラベンダーも、パチュリと相性が良い香りです。パチュリを足すことで華やかさに厚みと存在感が加わります。上品さとクラシカルな雰囲気を出したい時に最適と言えるでしょう。

樹脂系

ウッディでミステリアスなイメージのものが多い樹脂系をパチュリと組み合わせるのなら、特にミルラがおすすめ。パチュリにもミルラにもスモーキーさとオリエンタルな印象があるため、非常に相性が良いのです。

2つの香りの相乗効果でエキゾチックさが増し、より大人っぽい表情になります。深く落ち着ける香りなので、心を鎮めたい時にも重宝する組み合わせです。

メゾンレクシア イノセント セイジ オードパルファム

メゾンレクシアのフレグランスはバリエーションが豊富で、パチュリを用いたアイテムも揃っています。ここからはパチュリの奥深い香りを纏える、メゾンレクシア イノセント セイジ オードパルファムの魅力を紹介します。

天然香料をメインに使用

メゾンレクシアのフレグランスは、可能な限り天然香料をメインに使用しているのがポイントです。また合成香料を使用する際には、希少な天然香料の良さをさらに引き出す配合と組み合わせを考えてブレンドしています。

その日の外気温、つけた人の体温や肌の匂いと合わさって、その人だけの香りになるように作られているのも魅力です。洗練された大人っぽさを演出できる、上質な香りをぜひ体験してみてください。

上質な香りのグラデーション

メゾンレクシア イノセント セイジ オードパルファムは、パチュリの落ち着きのあるオリエンタルな香りだけではなく、女性らしい艶やかさと優雅さも楽しめます。ドライフルーツのようなフルーティな香りのトップから、優雅で華やかなジャスミンやチュベローズを使用したミドルへ移り、最後には奥行きとスパイシーさのあるパチュリやムスクへと変化していきます。

1本で壮大な自然をイメージさせる、開放的で表情豊かな香りのグラデーションを楽しめるのが特徴的。外出時だけでなく、気分転換やリラックスしたい時にも活用してほしいフレグランスです。

大地を想わせるパチュリの香りに癒されて

独特の香りと表現されることが多いパチュリは落ち着きや深み、オリエンタルな雰囲気を演出したい時に欠かせない存在です。安定感や上品な印象を与えてくれるので、大人の女性にこそおすすめしたい香りでもあります。パチュリのフレグランスで、オリエンタルな大人っぽさを纏ってみてはいかがでしょうか。