春に咲く「ハニーサックル」の香りとは?特徴とおすすめの香水を紹介

春に咲く「ハニーサックル」の香りとは?特徴とおすすめの香水を紹介

LIFESTYLE

Mar 01, 2021

ハニーサックルは、日本でスイカズラとも呼ばれる低木の植物です。山野などに自生し、白や黄色の小さな花を咲かせた後に赤い実をつけます。甘い香りはアロマや香水の原料として人気が高いのも特徴的です。本記事では、ハニーサックルの特徴や効能、使われ方、おすすめの香水を紹介していきます。

目次

  1. ハニーサックルとはどんな植物か
    1. ハニーサックルの特徴
    2. ハニーサックルの花言葉
    3. ハニーサックルの栽培方法
  2. ハニーサックルの香りと効能
    1. ハニーサックルの香り
    2. 心への効能
    3. 美容への効能
    4. 健康への効能
  3. ハニーサックルの使われ方
    1. アロマ
    2. お茶
    3. 香水
    4. 美容アイテム
  4. ハニーサックルの香りを楽しめるメゾンレクシアの香水
    1. メゾンレクシア ヴァーダント オードトワレ
    2. 香水のつけ方のおすすめ
  5. ハニーサックルの甘い香りで女性らしさを演出

ハニーサックルとはどんな植物か

ハニーサックルは甘い香りが魅力的な花です。丈夫な植物なので、自宅での栽培も可能。細長く小さな花を咲かせます。まずは、ハニーサックルの特徴や花言葉、栽培方法を紹介していきます。

ハニーサックルの特徴

ハニーサックルは、日本では吸葛(スイカズラ)という和名で呼ばれることが多い花です。スイカズラの他に、金銀花(キンギンカ)や忍冬(ニンドウ)といった名前もあります。金銀花は、花の色が白から黄色に変化するハニーサックル独特の性質が由来。忍冬は、寒い冬でも葉が絶えないところが由来です。

ツル性の低木植物で、日本には20種類ほどの品種が存在しています。中国では、100種類以上の品種が自生していると言われています。ハニーサックルはツルを巻きつけながら成長し、花が咲いた後に実をつけるのが特徴的です。開花は5月から10月頃で、細長く白い花弁をしています。色は赤や白、オレンジなど品種によって異なります。

カクテルの世界には、「ハニーサックル・カクテル」と呼ばれるお酒があるのをご存知でしょうか。ホワイトラムにレモンジュースとはちみつを入れて作る飲み物です。ハニーサックルの花が入っているわけではありませんが、やわらかく白い色や甘さを感じられる飲み口からは、美しく咲くハニーサックルをイメージできることでしょう。

ハニーサックルの花言葉

ハニーサックルの花言葉は「愛の絆」「献身的な愛」「友愛」などです。花言葉が愛に関連している理由には、ハニーサックルの性質が関係しています。ツルを絡ませながら、離れることなく育っていく姿が健気で献身的に見えるため、女性的で愛情を感じさせる花言葉が付いたそうです。

ハニーサックルの栽培方法

ハニーサックルは山などで自生している植物なので、丈夫で育ちやすい傾向にあります。そのため、自宅での栽培も可能です。鉢植えと地植え、どちらでも楽しめます。

育てる際には、水はけと日当たりに注目してみてください。ハニーサックルは、水はけが良い土壌と半日陰から日向でよく育ちます。また、肥料を土に混ぜて栄養を与えると、花の付きが良くなります。水やりは、ほどほどで問題ありません。ただし、土が乾燥した時はたっぷりあげるようにしましょう。

ハニーサックルの香りと効能

ハニーサックルの甘く爽やかな香りには、心を穏やかにする効果があると言われています。また、香りだけではなく美容や健康面にも良い効果をもたらしてくれるのがポイント。ここでは、ハニーサックルの効能をチェックしていきましょう。

ハニーサックルの香り

ハニーサックルの香りは、ジャスミンやミュゲに似ています。フローラルで甘く、優雅な香りが魅力の一つ。香りが強めの傾向にありますが、柑橘系のような爽やかさを感じられるため甘すぎず、清潔感のあるフレッシュな印象です。

心への効能

ハニーサックルの香りはイライラや不安などの、ネガティブな感情を鎮めて心を穏やかにしてくれます。緊張を和らげたい時や、昂ぶった気持ちを落ち着けたい時には、ぜひアロマなどでハニーサックルの香りに包まれてみてください。リラックスできるため、眠る前に利用するのも効果的です。

その他、気持ちを落ち着けて直感力を高めてくれる香りとも言われています。

美容への効能

ハニーサックルは細胞修復効果があるため、シミやニキビを改善する効果が期待できます。ただし、ハニーサックルに含まれるラクトンという成分には注意しなければなりません。ラクトンには光毒性があるため、皮膚に塗布した状態で日光などの強い紫外線を浴びると、皮膚に炎症を起こすなどの症状が出ることがあります。ハニーサックルの精油やエキスを使った後は日光を避けるようにしましょう。

健康への効能

ハニーサックルは古くから、解熱の薬として重宝された植物でもあります。体の循環を整えると考えられており、特に呼吸器系や内臓の不調を改善するのに効果的です。

ハニーサックルの使われ方

ハニーサックルは、アロマや香水で香りを楽しめる花として人気があります。また、中国などでは健康効果を得るためにお茶として飲まれてきました。ここからは、ハニーサックルのさまざまな用途を紹介していきます。

アロマ

ハニーサックルの香りは、アロマとして人気が高くなっています。しかし、天然のエッセンシャルオイルは限られた抽出方法でしか採れないため、非常に希少で高価です。現在では技術が進歩し、合成香料でハニーサックルの香りを再現可能になりました。天然のものは手に入れるのが難しいかもしれませんが、合成香料のハニーサックルは手軽に入手できるでしょう。

お茶

ハニーサックルは、薬草や漢方として用いられてきた植物でもあります。中国や台湾では、現在でもお茶として親しまれています。

ハニーサックルのお茶は金銀花茶と呼ばれており、解熱やデトックス効果があるのが特徴です。香りは比較的あっさりとしているため、どんな人でも飲みやすいと言えるでしょう。美容や健康の一環として、ハニーサックルのお茶を飲んでみるのも効果的かもしれません。

香水

ハニーサックルはアロマだけではなく、香水としても人気です。さっぱりとした爽やかさがありつつもフローラルで優雅な香りは、特に初夏によく似合います。

名前に「ハニー」が付いていることから分かるように、はちみつのような香りにも感じられます。上品で清潔感のある香りなので、大人の女性にぴったり。フローラルや柑橘系、ウッディ系など幅広い香りと相性が良いため、ブレンドにも重宝されています。

美容アイテム

ハニーサックルの香りや美容効果は、シャンプーやハンドクリームなど、私達が普段使用するものに使われている場合があります。天然香料が使用されたアイテムもありますが、合成香料で香りを再現しているものが多いでしょう。

ハニーサックルの香りを楽しめるメゾンレクシアの香水

メゾンレクシアは、「使う人自身が優雅な心になれること」をコンセプトにさまざまなフレグランスを生み出しています。ここでは、ハニーサックルの香りを楽しめるフレグランスやつけ方を紹介。自分らしさの演出に、香りを利用してみてはいかがでしょうか。

メゾンレクシア ヴァーダント オードトワレ

50mL 14,850円(税込)

フレッシュで軽やかな爽やかさと、やわらかい甘さを楽しめるオードトワレです。トップノートではみずみずしいレモンやライムの柑橘系が香り、ミドルノートではミュゲとハニーサックルが女性によく似合う甘さを演出してくれます。ベースノートでは、サンダルウッドとムスクで大人っぽさを感じられるでしょう。心地良く移り変わる香りのグラデーションや余韻を楽しめる、おすすめの一品です。

香水のつけ方のおすすめ

大人の女性らしい香水のつけ方は、強く香らないようにするのがポイント。足首や膝の裏など、ウエストから下のパーツにつけるようにすると、香りが強くなる心配もありません。ハンカチやアウター、ストールといったアイテムにつけておくのもおすすめです。ほのかに優しく香るので、食事の際にも気にならないでしょう。

香水の魅力については、こちらの記事でも詳しく紹介しています。ぜひ参考にしてみてください。

ハニーサックルの甘い香りで女性らしさを演出

ハニーサックルは爽やかさと甘さを兼ね備えた、バランスの良い香りが魅力の花です。フローラル系に分類されるので、女性らしさや華やかさを纏いたい時に最適と言えるでしょう。ぜひアロマや香水を利用して、ハニーサックルの香りを楽しんでみてください。