冬にローズフレグランスの香りを長持ちさせるには?つけ方やおすすめ商品を紹介

冬にローズフレグランスの香りを長持ちさせるには?つけ方やおすすめ商品を紹介

LIFESTYLE

Sep 10, 2020

イベントの増える冬は、フレグランスでおしゃれを楽しみたいもの。しかし、空気の乾燥する冬はフレグランスを肌につけても香りがとどまりにくいです。その原因は冬に肌が乾燥しやすいことが関係しています。本記事では、冬でも香りを長持ちさせるつけ方や冬に良いとされているローズフレグランスの選び方、おすすめ商品などを紹介します。

目次

  1. 冬でもローズフレグランスを長持ちするつけ方
    1. 1.肌を保湿する
    2. 2.体温が下がりにくい場所につける
    3. 3.叩くようにしてつける
  2. ローズフレグランスの選び方
    1. 1.ローズの種類で選ぶ
    2. 2.フレグランスの種類で選ぶ
    3. 3.香り方で選ぶ
  3. 冬におすすめ!メゾンレクシアのローズフレグランス
    1. メゾンレクシア パス トゥ エレガンス オードパルファム
    2. メゾンレクシア エッセンス オブ ザ サン オードトワレ
  4. ローズ以外で冬におすすめのフレグランス
    1. オリエンタル系のフレグランス
    2. グルマン系のフレグランス
    3. スパイシー系のフレグランス
  5. 冬はローズなどの良く香るフレグランスを身にまとおう

冬でもローズフレグランスを長持ちするつけ方

香水をつける女性の手首

空気が乾燥している冬は、肌も乾燥しやすい季節です。そのため、フレグランスのアルコール成分が揮発しやすくなり、肌に長くとどめておくことが難しく、香りが飛んでしまいます。また寒さからセーターなどで厚着すると香りづらくなり、体温が低くなると香りが広がりづらくなります。

そんな香りを感じにくくなる冬は、濃厚でハッキリとした香りが楽しめる季節でもあります。なかでも、甘く濃厚なローズ系のフレグランスは、冬にぴったりの香りでおすすめです。

それでは、フレグランスの香りが長持ちするつけ方を確認していきましょう。こちらでは肌に直接つける場合の方法を紹介します。

1.肌を保湿する

フレグランスは肌が乾燥していると揮発してしまいます。長く香りを楽しむためには、肌を保湿してから使うのがポイントです。入浴後はボディクリームなどを使って肌を保湿しましょう。首や手首など、フレグランスをつける場所はしっかりと保湿してください。肌の保湿は香りを長持ちさせるだけでなく、乾燥しやすい冬の肌トラブルの予防にもなります。

保湿は夜の入浴後だけでなく、朝も行うのがおすすめ。忙しい時は、フレグランスをつける部分だけでも保湿してください。朝のひと手間で香りを長続きさせやすくなります。

2.体温が下がりにくい場所につける

セーターやコートなどで厚着をする冬は、どこにフレグランスをつけて良いのか迷う人もいるのではないでしょうか。おすすめなのは、体温が下がりにくい背中やウエストです。ほんのりと香るので、食事の席でも邪魔になりません。

香りの強くないものであれば、胸元や首のうしろにつけるのも良いでしょう。ほんのりとした香りを楽しむことができます。

3.叩くようにしてつける

左右の手首に1滴ずつつけた後は、軽くポンポンと叩いてなじませるだけでOKです。香りが薄いかなと感じるくらいがちょうど良く、つけ過ぎると香りが強くなってしまうので注意しましょう。

また、両手首をこすり合わせるのは避けてください。香りが飛ぶ原因となるだけでなく、こすり合わせた時に汗や皮脂と混じって香りが変わってしまうことがあります。

ローズフレグランスの選び方

バラの花びらと香水

ローズフレグランスは、優しい香りから濃厚な香りまでさまざまな種類があります。普段フレグランスをつけない人は、どの香りを選べば良いか迷うかもしれません。こちらでは、自分に合ったローズフレグランスの選び方を紹介します。

1.ローズの種類で選ぶ

濃厚な香りが魅力のダマスク系
ヨーロッパが発祥となるダマスク系のローズは、クレオパトラを始めとする多くの女性から愛されてきた香り。甘く濃厚な香りが特徴で、ブルガリやトルコなどのバラの産地でも多く栽培されています。伝統的なローズの香りを楽しみたい人におすすめです。

エレガントな香りのティー系
中国が発祥となるティー系は、その名の通り紅茶のような香りが特徴です。ローズのエレガントさと、甘さを抑えた爽やかな香りを楽しめます。

2.フレグランスの種類で選ぶ

フレグランスは大きく分けて4種類あり、香りの強さや長続きしやすさなど、それぞれ特徴が違います。つけるシーンや好みに合わせて選ぶのも良いでしょう。下記を参考にしてみてください。

パルファム
少量でも良く香るようなものが欲しい人におすすめです。

オードパルファム
香りやすい方が良いけれど、価格を抑えたい人に適したフレグランス。

オードトワレ
日常使いしやすく、ほんのり香るくらいのフレグランスが欲しい人にぴったりです。

オーデコロン
さり気なく香らせたい人は、オーデコロンを選んでみてください。つけ過ぎてしまっても香りが気になりにくいため、初心者でも安心です。

3.香り方で選ぶ

フレグランスはさまざまな香料で構成されており、トップノート、ミドルノート、ベースノートと時間とともに香りの変化を楽しめます。ローズフレグランスは使われる香料の種類によって印象が変わるため、香り方などもチェックしておくと理想のフレグランスを見つけやすくなります。

また「ローズの香りだけを楽しみたい」という人には、ローズのみを香料としたシングルノートがおすすめです。

冬におすすめ!メゾンレクシアのローズフレグランス

バラの花束

冬は香りが長続きするオードパルファムをつけるのがおすすめです。メゾンレクシアのオードパルファムは、天然香料という古典的なアプローチに、現代の調香技術を掛け合わせて生まれたフレグランス。モダンクラシックな香りを楽しめます。それでは、メゾンレクシアのローズフレグランスの特徴を紹介します

メゾンレクシア パス トゥ エレガンス オードパルファム

メゾンレクシア パス トゥ エレガンス オードパルファム

みずみずしいシトラス、華やかなフレッシュローズ、温かくて甘いスウィートムスクがやわらかく溶け合ったオードパルファム。多面的な女性の魅力を感じさせる香りが、現代を生きる女性の感性に心地よくフィットします。

メゾンレクシア エッセンス オブ ザ サン オードトワレ

メゾンレクシア エッセンス オブ ザ サン オードトワレ

降りそそぐ陽光、しなやかな花をイメージさせる、優雅で奥深い香り。ネロリなどのフレッシュなヘスペリディックノートが爽やかに広がり、 繊細な甘さのローズやジャスミンが気品ある印象を与えます。

ローズ以外で冬におすすめのフレグランス

コートを着て立つ女性

セーターやコート、マフラーと厚着になってしまう冬は、濃度が濃く香りのハッキリしているフレグランスが人気です。ここでは、ローズ以外で冬におすすめの香りを紹介します。

オリエンタル系のフレグランス

オリエンタル系のフレグランスは、スパイシーで刺激的な香り、濃厚でまったりとした甘い香り、お香や樹脂などの神秘的な香りが混じり合った、アジアをイメージさせるような香りが特徴。アンバーやムスクのような動物性の香料が多く使われています。色気を彷彿とさせる香りは官能的で美しく、大人の女性におすすめのフレグランスです。

グルマン系のフレグランス

グルマン系のフレグランスは、バニラなどのスイーツ系の甘味を連想させるような香りが特徴です。特に寒く乾燥する冬に人気の香りで、男性からも女性からも好まれます。ただし香りが強いため、つけるシーンやつけ過ぎなどに注意が必要です。

スパイシー系のフレグランス

スパイシー系のフレグランスは、料理に使われるスパイスのような刺激的な香りが特徴。重めの香りが似合う冬には、アニスやシナモンなどのスパイシー系がおすすめです。スパイシー系は男性的な香りですが、女性がつけるとかっこ良くセクシーな印象を与えます。パートナーとお揃いにしたり、共通のフレグランスとして使ったりもできます。

冬はローズなどの良く香るフレグランスを身にまとおう

ウール素材と並べられたローズと香水の瓶

ローズと一口にいっても、種類や構成によって香りの印象が異なるため、つけるシーンや好みに合ったフレグランスを見つけましょう。お気に入りのフレグランスを身にまとって、冬のおしゃれを楽しんでください。