美肌に必要なスキンフローラとは?肌の常在菌の整え方や正しい洗顔のコツ

美肌に必要なスキンフローラとは?肌の常在菌の整え方や正しい洗顔のコツ

BEAUTY

Feb 03, 2021

スキンフローラとは、肌の常在菌の集まりのことです。数多くの菌が集まってスキンフローラを形成していますが、このバランスが崩れることで肌トラブルを引き起こすと言われています。本記事では、美肌に欠かせないスキンフローラの概要やスキンフローラの整え方、正しい洗顔方法について解説します。

目次

  1. スキンフローラとは
    1. 美肌に欠かせない肌の常在菌「スキンフローラ」
    2. スキンフローラの種類①善玉菌
    3. スキンフローラの種類②悪玉菌
    4. スキンフローラの種類③日和見菌
    5. スキンフローラはバランスが重要
  2. スキンフローラを整えるには
    1. 保湿を心がける
    2. 紫外線対策を行う
    3. 肌に刺激の少ないアイテムを選ぶ
    4. オフしすぎないスキンケアを実践する
  3. スキンフローラを守る洗顔のコツ
    1. 洗顔料を泡立てる
    2. ぬるま湯で洗い流す
    3. 洗浄力が強いものを選ばない
  4. スキンフローラを整えてやさしく洗うメゾンレクシアの洗顔料
    1. メゾンレクシア オラクル エッセンシャル クレンザー
    2. メゾンレクシア アルケミー フォーミング クレンザー
  5. 正しい洗顔でスキンフローラを整え美肌を目指す

スキンフローラとは

肌の常在菌であるスキンフローラ。常在菌ですので、スキンフローラはどんな状態の肌であっても存在します。まずはスキンフローラについて、概要や種類などを詳しく解説します。

美肌に欠かせない肌の常在菌「スキンフローラ」

スキンフローラとは、肌に存在する約1,000種類の皮膚常在菌の集まりです。皮膚常在菌は、肌のコンディションを整えるのに重要な役割を果たしています。最近は、美容業界でスキンフローラを整えて肌トラブルを防ぐスキンケア方法が注目を集めています。

スキンフローラの種類①善玉菌

スキンフローラを形成する皮膚常在菌には、たくさんの種類があります。皮膚常在菌を大きく分けると、善玉菌と悪玉菌、日和見菌(ひよりみきん)の3種類があります。

善玉菌は美肌に欠かせない常在菌で、その代表が表皮ブドウ球菌と呼ばれるものです。皮膚の表面や毛穴に存在しています。表皮ブドウ球菌の役目は皮脂を脂肪酸とグリセリンに分解すること。グリセリンは皮膚を外部刺激や乾燥から守る働きがあります。脂肪酸は皮膚を弱酸性に保ち、悪玉菌の増殖を抑えます。

スキンフローラの種類②悪玉菌

悪玉菌はかゆみや肌荒れ、皮膚炎などを引き起こす原因となる菌です。代表的なものは黄色ブドウ球菌。この菌は通常の肌の状態であれば悪さをすることはありませんが、肌が弱アルカリ性に傾くと増殖して肌トラブルを引き起こす菌です。

スキンフローラの種類③日和見菌

日和見菌は善玉菌にも悪玉菌にもなる菌。皮膚常在菌の中で最も多い菌です。代表的なものはアクネ菌で、ニキビの原因となることで知られています。

通常は皮膚を弱酸性に保ったり、細菌の増殖を抑えたりする善玉菌のような働きをしています。しかし、皮脂の分泌量が急激に増えて毛穴が皮脂で詰まると、過剰に増殖してニキビや吹き出物などの炎症を引き起こす菌です。

スキンフローラはバランスが重要

皮膚常在菌は良い働きをする善玉菌だけあれば良いというわけではありません。外部刺激や乾燥から肌を守るためには、悪玉菌も日和見菌もバランスよく存在していることが重要です。

肌トラブルは何らかの原因で悪玉菌や日和見菌の増殖が起こり、スキンフローラのバランスが崩れた時に起こります。美肌を作りには、スキンフローラのバランスを整えることが大切だと覚えておきましょう。

スキンフローラを整えるには

美肌にはスキンフローラのバランスを整えることが大切です。ここではスキンフローラを整えるために、大切なポイントを紹介します。普段の生活で気をつけられることばかりですので、今日からさっそく取り組んでみましょう。

保湿を心がける

スキンフローラを整えたいなら乾燥は大敵です。乾燥している状態の肌は弱アルカリ性。悪玉菌や日和見菌が繁殖しやすい肌環境なため、しっかり保湿を行って肌のうるおいを保つことが重要です。乾燥が気になる時には、こまめに保湿するようにしましょう。洗顔の後はすぐに化粧水で水分を補給して、乳液やクリームで蓋をして水分蒸発を防ぐようにしてくださいね。

紫外線対策を行う

紫外線を浴びることで、肌はアルカリ性に傾きます。肌がアルカリ性に傾くと、悪玉菌や日和見菌が増えて、スキンフローラのバランスが崩れてしまいます。外出する時はしっかり日焼け止めを塗ったり、日傘を差したりして紫外線対策を万全にしましょう。もし日差しを浴びてしまったら、化粧水でしっかり保湿をして乾燥対策を。

肌に刺激の少ないアイテムを選ぶ

スキンケアアイテムや化粧品に含まれる成分には、スキンフローラのバランスを崩すおそれのあるものもあります。例えば、合成界面活性剤はほとんどのクレンジングや洗顔料に含まれている成分です。この成分は洗浄力が強く、皮脂やメイク汚れはしっかり落とせますが、肌に必要な皮脂や常在菌まで洗い流してしまうこともあります。

特にオイルクレンジングは洗浄力が強く、乾燥を招くこともあるため注意が必要です。クレンジングを選ぶ時には成分をチェックするとともに、クリームやミルクタイプなど肌にやさしいクレンジングを選ぶのがおすすめです。

オフしすぎないスキンケアを実践する

美肌のためにはメイクや皮脂汚れをしっかり洗い流すことが大切ですが、洗いすぎには注意しましょう。クレンジングや洗顔を行うと、メイクや皮脂汚れと一緒に善玉菌も洗い流してしまいます。通常であれば、洗顔をして10~15分くらいで善玉菌も元に戻ります。

しかし洗いすぎてしまうと、善玉菌が戻らなくなることも。肌の状態に合わせて洗顔方法を見直したり、刺激の少ない洗顔料を選んだりするのもおすすめです。

スキンフローラを守る洗顔のコツ

スキンフローラのバランスを保つためには、メイク落としや洗顔の際にスキンフローラまで洗い流しすぎないことが重要です。ここでは、スキンフローラのバランスを守る、肌にやさしい洗顔のコツを紹介します。

洗顔料を泡立てる

肌にやさしい洗顔をするためには、洗顔料をしっかりと泡立てることがとても大切です。キメ細かな泡を作り、やさしく肌をなでるように洗うと良いでしょう。しっかり汚れを落とそうと手でゴシゴシ洗うと、肌に摩擦を与えて刺激になってしまうので注意してください。

ぬるま湯で洗い流す

熱すぎるお湯は、肌に必要なうるおいを奪うため、洗顔の時にはぬるま湯で洗い流すようにします。両手のひらでぬるま湯をすくい、その中に肌が浸かるようなイメージでやさしく洗ってください。シャワーを直接顔にかけたり、手でこすったりしてしまうと、肌に摩擦を与えるので注意しましょう。
また、冷たい水では皮脂が落ちず、熱いお湯は皮脂を落としすぎるため、洗顔時はぬるま湯が適切です。

洗浄力が強いものを選ばない

洗浄力の高い洗顔料やクレンジングは、善玉菌の餌として必要な皮脂まで洗い流してしまうことがあります。善玉菌の餌となる皮脂が少なすぎると、悪玉菌優位になって肌トラブルを起こしやすくなります。

スキンフローラを守るためにも、肌に刺激の少ない洗顔料を使用すると良いでしょう。

スキンフローラを整えてやさしく洗うメゾンレクシアの洗顔料

原料にこだわった上質なスキンケアアイテムを販売しているメゾンレクシアには、スキンフローラのバランスを整えながら皮脂や毛穴の汚れをしっかりとオフできる洗顔料が揃っています。ここでは、メゾンレクシアおすすめの洗顔料を2点紹介します。

メゾンレクシア オラクル エッセンシャル クレンザー

200g 4,400円(税込)

微粒子の天然クレイ(粘土)を含んだきめ細やかな泡で、毛穴の汚れをしっかり落とせる洗顔料。肌あれを防ぐクマザサエキスや肌のうるおいを保つヒマワリ種子油などの植物成分を配合しています。肌の乾燥やごわつきが気になる人におすすめの洗顔料です。オレンジやグレープフルーツのさわやかな柑橘系の香りが、すっきりとした気分に導いてくれます。

メゾンレクシア アルケミー フォーミング クレンザー

100g 3,300円(税込)

クリーミーで濃厚な泡が皮脂汚れや角質をやさしく洗い流す洗顔料。使っているうちにくすみを払い、透明感のある肌に導いてくれます。汚れをしっかり落としながらも、肌バランスを整えたい人におすすめです。グリーンフローラルをベースにシトラスが香り、リフレッシュ効果もあります。

正しい洗顔でスキンフローラを整え美肌を目指す

肌のコンディションを整えるスキンフローラ。スキンフローラを意識してスキンケアを行うことは、美肌作りに大切なステップの1つです。肌にやさしい洗顔料を選んで正しい洗顔方法を身につけ、透き通るような美肌を目指しましょう。