【貴方の冷え性はどれ?】4つの冷えタイプ別に改善方法を紹介!おすすめの精油も

【貴方の冷え性はどれ?】4つの冷えタイプ別に改善方法を紹介!おすすめの精油も

HEALTH

Oct 28, 2021

女性に多い冷え性には、4つのタイプがあります。自分の冷えタイプを知り、自分に合った対策をすることが冷え性改善への近道です。この記事では、冷えが体に与える影響や冷えのタイプと改善方法を紹介。あわせて、冷え性改善のために意識したい生活習慣や、おすすめの精油も見ていきましょう。

目次

  1. 老化の原因!? 冷え性が体に与える悪影響とは
    1. 血液の流れが悪くなる
    2. 痩せにくくなる
    3. 風邪をひきやすくなる
    4. 肌のターンオーバーが乱れる
  2. 冷え性改善は、4つの冷えタイプと原因を知ることから
    1. ①【四肢末端型】手足に冷えを感じやすいタイプ
    2. ②【下半身型】腰から下に冷えを感じやすいタイプ
    3. ③【内臓型】お腹に冷えを感じやすいタイプ
    4. ④【全身型】季節に関係なく冷えを感じやすいタイプ
  3. 【タイプ別】冷え性を改善に導くおすすめの方法
    1. 【四肢末端型】食事を見直して熱を生む体を作る
    2. 【下半身型】筋肉をほぐして血流を改善する
    3. 【内臓型】体を冷やすリスクを回避して内臓を温める
    4. 【全身型】不摂生を正して内側と外側から温める
  4. 冷え性改善のために意識したい生活習慣
    1. 睡眠の質を上げる
    2. 湯船に浸かり体を温める
    3. 全身運動を取り入れる
  5. 冷え性改善におすすめの精油と使い方
    1. 冷え性改善におすすめの精油
    2. 冷え性改善のための精油の使い方
  6. 自分の冷えタイプを知って冷え性を改善しよう

老化の原因!? 冷え性が体に与える悪影響とは

手や足などの末端からお腹、全身まで、さまざまな部位に冷えを感じやすい冷え性。冷えは、女性の体にさまざまなデメリットを与えます。まずは、冷え性が及ぼす悪影響から見ていきましょう。

血液の流れが悪くなる

体の冷えは血管を収縮させるので、血液の流れが悪くなります。そのため、手や足など体の末端まで温かい血液が届かず、冷えが慢性化しやすい状態に。また、血行不良によって老廃物が溜まりやすくなると、肩こりや頭痛などの症状が出やすくなります。

痩せにくくなる

冷えによる血行不良は、代謝の低下にもつながります。体の巡りが悪くなるため、老廃物や余分な水分が体内に溜まり、むくみやセルライトの原因になります。基礎代謝が低下することで消費カロリーが減少し、ダイエットをしても痩せにくい体質になってしまうのです。

風邪をひきやすくなる

冷えによる体温の低下は、免疫力の低下も引き起こすので、疲れやすくなったり風邪をひきやすくなったりします。さらに、生活習慣病やアレルギーなどにつながる可能性も。美容だけでなく健康な体を維持するためにも、冷えを改善し、体温を上げることが大切です。

肌のターンオーバーが乱れる

冷えによって血液の流れが悪くなると、体だけでなく肌にも影響が現れます。血液の流れが悪くなると、肌の細胞まで栄養が届かず新陳代謝が滞ります。その結果、肌のターンオーバーが乱れ、シミやシワ、たるみの原因となるのです。

冷え性改善は、4つの冷えタイプと原因を知ることから

冷え性は大きく4つのタイプに分かれ、それぞれ冷えを感じやすい場所や原因も異なります。まずは自分がどのタイプなのかを知ることが、冷え性改善への近道です。

①【四肢末端型】手足に冷えを感じやすいタイプ

四肢末端型は、手や足など心臓から遠い体の末端が冷えるタイプで、若い女性に多く見られます。冷え性の初期段階で、自覚症状もあるため気がつきやすいのが特徴です。原因は、不規則な生活習慣や偏った食生活、過度なダイエットによる食事制限などが挙げられます。

<特徴>

  • 手や足など体の末端が冷たい
  • 冷えと一緒に肩こりや頭痛が起きやすい
  • 夕方になると足がむくんで靴がきつく感じやすい

②【下半身型】腰から下に冷えを感じやすいタイプ

30代以降の男女に多く見られる下半身型の冷え性。主な原因は、下半身の血の巡りが悪くなることです。お尻を圧迫する長時間の座り仕事や、運動不足による下半身の筋肉の衰えなどは、血液の流れを悪くするので注意しましょう。

<特徴>

  • 手は温かいが、足は冷えている
  • 顔がほてりやすく、上半身に汗をかきやすい
  • 寒い場所ではふくらはぎから下に冷えを感じやすい

③【内臓型】お腹に冷えを感じやすいタイプ

30代以降の女性に多く、隠れ冷え性とも言われる内臓型。手や足、体などの表面は温かいため自覚しにくいのが特徴です。対策をせずに放置してしまうと、内臓機能が悪化する原因にもなります。

<特徴>

  • 体の表面は温かいのに、お腹を触ると冷たい
  • 厚着をしていても冷えを感じやすい
  • 冷えるとお腹の張りを感じやすい
  • 体が冷えて寝つきが悪い
  • 寒い場所では、下腹部、二の腕、太ももに冷えを感じやすい

④【全身型】季節に関係なく冷えを感じやすいタイプ

全身型は、季節関係なく一年中体温が低いのが特徴です。常に寒さを感じやすいため、自分が冷え性であるという自覚症状がない場合も。気づかずに放置していると、全身機能の低下にもつながるので注意しましょう。

<特徴>

  • 冷えの自覚症状に乏しい
  • 慢性的にだるさを感じやすい
  • 喉が渇きやすく頻繁に水分補給をする
  • 目の下のクマや肌荒れが気になる
  • イライラや不安を感じやすく、気分が落ち込みやすい

【タイプ別】冷え性を改善に導くおすすめの方法

冷えのタイプによって、改善方法も異なります。冷えを根本的に解決するには、自分の体質に合った改善方法を知っておくことが大切です。ここでは、4つのタイプ別に改善方法を紹介します。

【四肢末端型】食事を見直して熱を生む体を作る

四肢末端型は、栄養不足のため体の中から熱を生み出すことが難しく、外側から温めても一時的にしか冷えを改善できません。体の中から熱を生み出せるように、食生活の見直しが必要です。持病などで食事制限がない限り、熱を生み出してくれるタンパク質を積極的に摂るようにしましょう。

また、足の指のつけ根にある八風(はちふう)というツボを刺激するのも効果的です。椅子に座って片方の足を太ももにのせ、足の甲を持って内側に曲げるように伸ばしてからツボを刺激します。

【下半身型】筋肉をほぐして血流を改善する

下半身の冷え性は、特にお尻周りの筋肉が硬直している可能性が高いため、ストレッチで筋肉をほぐして血流を改善しましょう。左右のお尻のそれぞれ真ん中にある臀中(でんちゅう)というツボを刺激すると、お尻周りの血流が良くなり下半身の冷え改善に効果的です。

【内臓型】体を冷やすリスクを回避して内臓を温める

ストレスや生活習慣の乱れなどにより、交感神経と副交感神経の切り替えが上手くできないため、体温調整が難しい内臓型。冷たい飲み物や食べ物を避け、体を冷やし過ぎないようにしましょう。

毎日の食事にショウガや唐辛子など、代謝をアップさせる食材を取り入れてください。また、内臓を温めて、血流を改善してくれる白湯を飲む習慣をつけるのもおすすめです。1L程度の沸騰させたお湯を40~50℃ほどに冷まし、保温ポットに入れておけば一日中白湯が飲めて便利ですよ。

【全身型】不摂生を正して内側と外側から温める

全身型の人は代謝の低下によって、食欲のない人が多い傾向にあります。しかし、きちんと食事を摂って熱を生み出す体を作ることが大切です。生活習慣も関わっているので、夜型の生活になっている人は改善して、十分な睡眠時間を確保しましょう。

また、体の内側と外側の両方から冷えているため、食事や適度な運動で体の中から温めつつ、重ね着やカイロなどを使って熱を逃がさないように保温してください。

冷え性改善のために意識したい生活習慣

冷え性を改善するには、生活習慣の見直しも必要です。ここでは、毎日の生活に取り入れたい生活習慣を紹介します。

睡眠の質を上げる

冷え性の人は体温調整が苦手。そのため、寝つきが悪く眠りも浅くなり、睡眠不足になりやすい状態です。睡眠不足が続くと、疲れが取れず、気力も低下するという悪循環に陥ってしまいます。

就寝前に体を温めて眠りやすい状態を作る、または軽くて保温性のある羽毛布団に変えるなど、寝具の見直しをするのもおすすめです。また、夕食は睡眠の3時間前に済ませ、ショウガやネギ、カボチャ、ニンジンなど、体を温める食材を食事に取り入れるのも効果的です。

湯船に浸かり体を温める

ついついシャワーで済ませてしまいがちですが、湯船に浸かって体を温めるのも冷え性を改善する方法の一つです。しかし、汗をかく長時間の入浴や半身浴などは、逆に体が冷えてしまうため良くありません。

入浴時は、まず41~42℃ほどの少し熱めのお湯に首まで5分浸かり、次に胸まで5分浸かります。その後は髪や体を洗い、最後に1~2分お湯に浸かってください。全身がしっかりと温まり、血液の流れが良くなることで冷えの改善が期待できます。

全身運動を取り入れる

ウォーキングなどの全身運動は、血流の改善や基礎体温を上げる効果が期待できます。1日30分程度のウォーキングを週4~5日行うのが理想です。まとまった時間を作るのが難しい場合は、通勤や買い物など外出時に歩くことを習慣にしてみてください。また、腕を大きく振る、大股で歩く、姿勢を良くするなどのポイントに気をつけて歩きましょう。

冷え性改善におすすめの精油と使い方

リラックスや、気分をリフレッシュする作用が期待できる精油。使い方によっては冷え性の改善にも役立ちます。ここでは、冷え性改善におすすめの精油とその使い方を紹介します。

冷え性改善におすすめの精油

<むくみ解消>
グレープフルーツ:リンパの流れを良くし、体の巡りを改善します。

<肩こり改善>
スイートマジョラム×ブラックペッパー:体を温めて血液循環を良くします。

<全身の血流改善>
ジンジャー:精油でも体を温めて、血液の流れを良くする効果があります。

<リラックス効果>
ラベンダー:鎮静作用があり、副交感神経に働きかけて体を温める効果があります。

冷え性改善のための精油の使い方

悩みに合わせて精油の使い方を工夫することで、冷えの改善につながります。

<手浴・足湯>
末端の冷えの解消に効果的です。

<マッサージ>
マッサージの刺激と精油の効果で血流を改善します。

<温湿布>
お腹や足など、冷えを感じやすい場所を温めます。

温湿布のやり方
お湯を入れた洗面器に精油を1~3滴垂らし、タオルを浸けて絞ります。冷えを感じやすい場所にのせて、冷めたら取り替えながら20分ほど行いましょう。

温湿布の注意点
精油は肌に直接触れると刺激となります。水に溶けにくいため、タオルを絞る時などに直接肌に触れないようにしましょう。特に、目の周りなど皮膚の弱い場所への使用は避けてください。また、湿布を行う時間の長さにも注意が必要です。

自分の冷えタイプを知って冷え性を改善しよう

さまざまな不調を引き起こす冷え性。体が冷えている自覚がなくても、隠れ冷え性である可能性もあるので注意が必要です。まずは、自分の冷えタイプや原因を知り、自分に合った改善方法を取り入れてみてくださいね。生活習慣や食生活を見直し、体を内外から温める生活を根気強く続けましょう。