シトラスは日本になじみ深い、柑橘の爽やかな香り。効能やおすすめアイテムを紹介

シトラスは日本になじみ深い、柑橘の爽やかな香り。効能やおすすめアイテムを紹介

LIFESTYLE

Mar 01, 2021

みかんやユズなどは日本でおなじみの柑橘類ですが、その爽やかな香りはフレグランスとしても高い人気があります。この記事では男女問わず好感をもたせる爽やかさが魅力の、シトラスの香りの特徴や効果・効能を紹介します。シトラスの香りが似合う季節やシーン、メゾンレクシアのフレグランスもぜひチェックしてみてください。

目次

  1. 「シトラスの香り」とは
    1. 「シトラス」は香りのタイプの1つ
    2. シトラスの香りの特徴
    3. シトラスの香りの印象
    4. シトラスの香りの注意点
  2. シトラスの香りの効果・効能
    1. 気分をリフレッシュ
    2. 不安や緊張をほぐす
  3. シトラスの香りが似合う季節やシーン
    1. おすすめの季節は梅雨~夏
    2. おすすめシーン①職場
    3. おすすめシーン②朝
    4. おすすめシーン③寝る前
  4. シトラスが香る、メゾンレクシアおすすめのアイテム
    1. メゾンレクシア パス トゥ エレガンス オードパルファム
    2. メゾンレクシア ヘアオイル グリーンレメディ
    3. メゾンレクシア ボディ&ハンドウォッシュ フレッシュスクイーズ
  5. シトラスの魅力を知り、自分に合ったフレグランスを選んで

「シトラスの香り」とは

好きな香りのランキングなどでも、上位に入っているシトラスの香り。男女を問わず人気の高い香りですが、どのような特徴や印象があるのでしょうか。まずはシトラスの香りについて紹介します。

「シトラス」は香りのタイプの1つ

シトラスとは、フレグランスを分類した香りのタイプの1つです。フレグランスにはさまざまな分類の仕方があり、香料会社や化粧品メーカーによっても表示方法が異なります。代表的な香りとしては、シトラスの他にフローラル、グリーン、オリエンタル、シプレーなどが挙げられます。

シトラスはグレープフルーツやレモン、オレンジ、ベルガモットなどのフレッシュな柑橘系を中心とした香りで、爽やかな香りが気分を明るく前向きにしてくれます。女性だけでなく男性にも好まれる香りなので、ユニセックスに使用できるでしょう。

シトラスの香りの特徴

シトラスの代表的な香りと言えばレモン、オレンジ、ベルガモット、ユズなどが挙げられます。これらの芳香成分には、果実の皮に多く含まれるリモネンという成分が共通して含まれています。血行促進や抗菌作用、リラックス効果など多くの効果・効能があるのが特徴です。そんなリモネンを主成分とする、シトラスの代表的な香りの特徴を紹介します。

  • レモン:独特のフレッシュで爽快な香りは、シトラールという微量成分によるもの。仕事や勉強で集中したい時におすすめです。
  • オレンジ:精油には甘い香りのスイート種と、ややほろ苦さを感じさせるビター種があります。気分が落ち込んだ時や、ゆっくりと眠りたい時に。
  • ベルガモット:他の柑橘類よりもリモネンが少なく、酢酸リナリルとリナロールが多く含まれています。オレンジと同じように気分が落ち込んでいる時におすすめです。
  • ユズ:主な芳香成分はリモネンですが、他の柑橘類にはない独特の香りがするため、アロマテラピーでも注目されています。血液の流れを良くして、冷えや肩こりを緩和してくれます。

シトラスの香りの印象

シトラスの香りはフレッシュで活発な印象がありますが、香りのかけ合わせによってもイメージが変わります。女性らしさや華やかさをプラスしたい時は、フローラルがブレンドされた香りがおすすめです。甘さが加わりキュートな印象を与えてくれます。また、知的でクールな印象を与えたいなら、グリーンがブレンドされた香りを選んでみてはいかがでしょうか。

香りは自分で楽しむだけでなく、コミュニケーションの一つでもあります。自分のパーソナリティーや、なりたいイメージを香りで伝えましょう。

シトラスの香りの注意点

フレグランスは肌につけると、揮発性の高いものから低いものへと順に香り立ちが変化していく特性があります。そのため、時間の経過とともに香りが変化するのです。その香り立ちは、トップノート・ミドルノート・ベースノートに分かれていて、シトラスは揮発性の高さからトップノートによく使われます。

トップノートが香るのは、フレグランスをつけてから5~10分ほどの短い時間です。フレグランスを選ぶ時はトップノートの印象だけでなく、ミドルノート、ベースノートと変化する香りも考慮して選ぶのがおすすめです。

シトラスの香りの効果・効能

シトラスはフレッシュでみずみずしい香りが魅力ですが、効果や効能面もすぐれています。特にリモネンが多く含まれるオレンジやグレープフルーツ、ユズなどは高い効果が期待できます。こちらでは、シトラスの香りの効果・効能について紹介しましょう。

気分をリフレッシュ

シトラスは柑橘系の爽やかな香りが特徴で、気分のリフレッシュ効果が期待できます。柑橘類の芳香成分であるリモネンには覚醒効果があります。気持ちが引き締まって頭がスッキリすることから、集中力を高めたい時におすすめの香りです。また、ダイエット中のイライラを落ち着かせる効果もあると言われています。

不安や緊張をほぐす

シトラスの香りには抗うつ作用や鎮静作用があるため、不安や緊張をほぐしてくれます。リラックス効果が得られることから、アロマテラピーの世界でも広く活用されています。心と体が疲れて落ち込んでいる時や、ぐっすり眠りたい時にぴったりです。

シトラスの香りが似合う季節やシーン

フレッシュな果実を感じさせるシトラスの香り。デイリーユースの香水として持っていると便利ですが、特にシトラスの香りが似合う季節やシーンを紹介します。

おすすめの季節は梅雨~夏

湿度が高い梅雨から夏にかけては、フレグランスの香りが強く、重く感じられることがあります。シトラスのフレグランスは揮発性が高い軽やかな香りなので、梅雨から夏にぴったりです。ジメジメした日も、爽やかな香りで気分良く過ごせるでしょう。

おすすめシーン①職場

シトラスの香りは多くの人に好まれる傾向にあるので、職場用のフレグランスとしても適しています。集中力アップやリフレッシュ効果によって、仕事がはかどるかもしれません。ただし、耳元や首周りにつけると香りが強くなる場合もあるので、人と会うことが多い人は胸から下につけるなどの気配りをしましょう。

おすすめシーン②朝

シトラスの中でもレモンやグレープフルーツ、ユズの香りは、フレッシュ感が強く活動的な朝にぴったりです。メイクの前にシトラスのアイテムを使うと、目覚めのスイッチが入り、気分良く朝の支度ができます。洗い桶などにお湯を張り、レモンやグレープフルーツ、ユズの精油を1~2滴たらして香りを楽しむのもおすすめです。

おすすめシーン③寝る前

ベルガモットは、おだやかで落ち着いた夜向きの香りです。夜のリラックスタイムに、自分だけのためにシトラスの香りを纏うと贅沢な時間に。また、ベルガモットには安眠効果もあるとされています。眠る30分ほど前に、ティッシュにベルガモットの精油を1~2滴含ませて枕元に置いてみてはいかがでしょうか。

シトラスが香る、メゾンレクシアおすすめのアイテム

メゾンレクシアでは、香りに生命感を持つ天然香料に現代の調香技術をかけ合せ、魅力的な化粧品を生み出しています。フレグランスを始めとした、シトラス系のおすすめアイテムを紹介します。

メゾンレクシア パス トゥ エレガンス オードパルファム

50mL 16,500円(税込)

はじけるようなシトラスと華やかなフレッシュローズ、甘くパウダリーなスウィートムスクが溶け合うフレグランス。レモンやベルガモットの爽やかなトップノートに、ローズなどのウッディフローラルが香るミドルノート、そしてトンキンムスクやコスタスオイルなどの温かく甘い香りへの変化が楽しめます。

メゾンレクシア ヘアオイル グリーンレメディ

30mL 3,850円(税込)

アルガンオイルの名で有名なアルガニアスピノサ核油や、ユズ種子油など濃密な植物成分を配合したヘアオイル。ブラッシングによる摩擦や乾燥のダメージを受けやすい毛先まで、うるおいを与えながら軽やかにまとまります。シトラスをベースに、マジョラム、ベチバーのスパイシーさがアクセントになった香りです。

メゾンレクシア ボディ&ハンドウォッシュ フレッシュスクイーズ

300mL 3,850円(税込)

きめ細かく濃密な泡と、ふんだんに配合された植物エキスで、しっとりなめらかな肌へと整えてくれるボディ&ハンドウォッシュ。爽やかなグレープフルーツやレモン、オレンジの香りが気分をリフレッシュさせます。

シトラスの魅力を知り、自分に合ったフレグランスを選んで

シトラスの香りは爽やかさが魅力的な上、気分のリフレッシュやリラックス効果に期待できます。香りは自分を印象づけるものでもあるので、自分に合ったフレグランスを選び印象アップにつなげましょう。